新しい仕上げ材モールテックス

塗装のような左官のような左官塗材「モールテックス」

水廻りの造作家具天板には防水性のあるタイルやステンレス、モルタルが一般的。これらに変わる新しい仕上げ材がBEAL社開発のモールテックスです。

無骨なイメージのキッチンで、天板をモルタルで仕上げるデザインは増えています。モルタルは白っぽいグレーで、結構明るめに仕上がる。またモルタルは僅かな吸水性があり、撥水コートをしないとコップなどの水滴で輪染みになります。撥水コートは相当な乾燥時間を置いたモルタルに塗布しないと剥離になるので施工時間のかかる仕上げです。

モルタルもいいけれど、少し違った防水仕上げにしたい人におススメなのがモールテックスです。

モールテックスは水を通さない材料で、2ミリと薄く粘りがあります。下地がねじって動いても追従して割れにくい。薄いから曲線のデザインに相性がよい。意匠性があってテクスチャーが美しく表情豊か。カラーも豊富。

床・壁・天井と仕上げに用いることは可能ですが、高価な材料なので家具、什器、浴室で一部分使いなどが施工例に多くあります。とにかく仕上りのテクスチャーがいい感じ。画一的な仕上がりとは違って、ムラ感がとても自然で無垢の木と相性が良い印象です。

モルタルの質感が好みの方にはウケそうな仕上げなので、一度どこかで使ってみて良さを確認してみます。

▼使い込んだ印象のある仕上がり
img24.jpg

フラグシップ
住所 〒939-1406 富山県砺波市宮森266
電話 0763-27-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
ファックス 0763-37-2552
メール tachibana@flagship-style.jp


フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する