これまでの家をリフォームしたい理由

ちょうどキリの良い月初めの1日より新しい現場が始まっています。今回は大型のリフォーム工事を手掛けさせてもらっていて、6ヶ月の工期を経て、解体から完成までを設計施工いたします。

オーナーはこれまでの家を建て替えではなく、リフォームで理想の暮らしを手に入れるために依頼をいただきました。フラグシップはオーナーの要望をヒアリングしながら、抽象的なことを具体的な設計へと落とし込む。

設計をまとめる経緯を改めてみると、「住まいのあり方、質を向上させたい」が僕の描くオーナーへのテーマでした。ベタで良くあるフレーズですが、リフォームする目的に特別なことは必要なく、むしろ普通で最高のテーマ。

「自然素材を使いたい」「居心地がよい家」などは抽象的。そのような要望や打合せの会話の中から生まれる、どんなことが家族と家に求められているかを考えていました。なかでも以下3つがリフォーム工事のコンセプト。打合せや設計に迷った際は立ち返り、完成後から始まるご家族のいい暮らしをイメージして設計を進めました。

1、アレルギー体質の保護から、風通しの良い間取り、窓の配置、断熱気密と内装に自然素材を使って身体の負担を減らすことが一番やりたいこと。またシンプルな動線と適所にある収納を計画してモノが片付いた暮らしやすさを目指します。

2、お正月、お盆と親戚が集まる家は、既存の座敷とつなげた空間に普段のリビングとダイニングをくっつけて、大人数で広く使う。+αで薪ストーブの楽しさを味わう。

3、そう祖母、祖母が順に利用できる個室と主室(リビングなど)が程よくつながり、来客の多さを考え玄関のアクセス良さと、窓からの来訪者を見て楽しむ暮らしを尊重させたい。

これらの設計がまとまりいよいよ工事が始まりました。工事前オーナーが片づけを頑張ってくれたおかげでスムーズに工事に取り掛かれました。ありがとうございます。

約半年の工事になりますが、よろしくお願いします。

▼屋根、土台、柱の状態が現れるまで解体します
20180301 (23)

▼壁を剥ぐると外壁の裏側が見えて無断熱だとわかる
20180301 (47)

▼重機は使わず手壊しになる
20180301 (46)

フラグシップ
住所 〒939-1406 富山県砺波市宮森266
電話 0763-27-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
ファックス 0763-37-2552
メール tachibana@flagship-style.jp


フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する