高岡の伝統産業に触れる「能作」

今年春に移転オープンした地元の高岡鋳物企業「能作」本社。近くにある産業観光はいつでも行ける気でいて中々行かないのが現実。年が変わる前に訪れてみて、自分のフィルターを通して皆さんに紹介できればいいなと思い行ってきました。

移転前は戸出の工業団地内にある企業で、外観を見ると工場の印象しかなかった会社。移転先は高岡オフィスパーク一角で区画の一番端っこ、南側に位置する場所になり、平野が拓けたロケーションとビューが最高に気持ち良いところ。こんなところで仕事が出来ると最高だろうなと思わせる。

建物、什器とデザイナーがデザインした空間はシンプルに落ち着けます。奇抜さや嫌味のないデザインはいいなと感じました。使っている素材は錫や銅、真ちゅう。鋳物企業ならではだし、杉(地元産かは不明です)の内装や家具、什器はやさしいイメージでステキです。

本社にはオフィスに併設して、カフェレストラン、ワークスペース、ショップ、工場、観光インフォメーションがあります。

お客様は能作の産業の歴史と技術を知り、商品を買い、ワークショップで器をつくれ、鉢伏山の景色を眺めてお茶をして、お鈴の製造工程を見学して、次に訪れたい観光地に当てをつけられる。楽しいね。

商品を売る・買う目的だけならば、本社にこれだけの設備は必要ない。自社商品を売る以外にお客様に喜んでもらうにはどうすれば良いか?気持ちのよい場所でした。

▼すぅーっと伸びた軒先がきれい。入り口側の外壁は真ちゅう
20171225 (2)

▼木型のディスプレイはものづくりの会社だなと思わせます
20171225 (53)

▼土間は灰墨入りモルタル。粗い感じは僕好み
20171225 (57)

▼ワークスペース。ワークショップの様子がショップから見えるのがポイント!
20171225 (49)

▼ワークショップに参加して錫の器をDIY
20171225 (25)

▼磨く前の生まれたての状態
20171225 (31)

▼錫のトレーでランチをいただく。カレーは辛くて旨かった
20171225 (37)

▼地元景色も見る空間によって見え方が違うなと思った
20171225 (40)

▼企画展示。欲しい風鈴がありました。
20171225 (36)

▼大きな空間を家具で仕切るデザイン
20171225 (43)

▼参考にしたいディティールが満載
20171225 (41)
20171225 (45)

▼トレーと小鉢を製作してきました。
20171225 (58)

【お知らせ】
12月の\家づくり相談会week/やってます!
日時:2017年12月20日(水)~27日(水)10:00~17:00
場所:フラグシップ 砺波市宮森266
高岡砺波スマートICより約3キロ/駐車場あります
📞0763-37-2551(9:00~18:00)



フラグシップ
住所 〒939-1406 富山県砺波市宮森266
電話 0763-27-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
ファックス 0763-37-2552
メール tachibana@flagship-style.jp


フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する