広葉樹の苗木を育ててみよう

とやまの森づくりに貢献する企業団体。とやまの森づくりサポートセンターにフラグシップが企業登録して初めての企業活動は、広葉樹の種から苗木を育てて植樹すること。その苗木キットを氷見の農園さんまで引き取りに行って来ました。

種をポットに植え付けるところから始まり、植えてから3年は水やりと施肥一回を行い、高低温、乾燥に注意して4年目に畑や庭の露地に植える工程を励行することになる。

種類はコナラ、ミズナラ、ブナの3種類をそれぞれ15本ずつになります。コナラは引き取った農園さんで採れた種でミズナラとブナは有峰の森からの種と農園オーナーの方にお聞きしました。苗が上手く育って平地で露地植えして良いものか。逆に育つようなら庭に植えられることになるし。楽しみです。

森づくりの一環とした苗木の育成。それをフィールドに植樹して健全な森を形成することがスタンダードな活動です。出来ればフィールドを持てばいいのでしょうが、フラグシップでは苗木を育て、植樹してもらえる方に回収してもらうとこまでをやります。ただ育てれば愛着があるだろうから数本は庭に植えます。

はじめてのチャレンジ。まずは来春4月に芽が出てくれることを願って種を植えていきます。

▼農園の方から選別された種を受け取る
20171122 (1)

▼3種類15個ずつのポット
20171122 (2)

フラグシップ
住所 〒939-1406 富山県砺波市宮森266
電話 0763-27-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
ファックス 0763-37-2552
メール tachibana@flagship-style.jp


フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する