観葉植物をインテリアに合わせる

室内で育てる観葉植物は家具選びと同じように人気のインテリアアイテム。家具と違うのは観葉植物が生き物であること。ペットと同じような感じです。

観葉植物をインテリアに持ち込まれるヒトの特徴はなんだろうか?来客の多い家であればゲストに感じ良く寛いで貰いたい、雰囲気のある良い空間を演出するためも一つの理由だろう。他には生き物の生命力を共有したい。インテリアを充実させたいが考えられます。

観葉植物は生き物だから手間はかかります。水やり、施肥、土の入れ替え、鉢の交換、根っこの整理、剪定など。室内であっても病害虫にかかることはあれば枯れることもある。その手間ひまこそ自然の生き物の特徴で世話が焼ける。それでも人気なのが観葉植物。

僕たちも会社や自宅で観葉植物を置いて数年経ちますが、育ててみて思うのはトライアンドエラーの繰り返しです。植物よって日を好む好まない、水やりの頻度と量、温度管理、病害虫への対応。上手く育ってくれているのも枯らしたもの。

元気がなくなるとネットや図鑑で調べて手当てをしていますが、基本は毎日の管理が大切です。また毎日見ていると水が足りていない、害虫の早期発見とだんだんわかって来ます。

インテリアにひとつは置いてみたい観葉植物。どんな木が自分の好みか選ぶのも楽しいですから、新居やリフォームした後には是非置いて鑑賞してみてください。

▼ユッカ。太陽大好き。乾燥気味でちょうどいい
SORX5802.jpg

▼ポトス(左上)。直接的な日は避ける。土が乾けば水をたっぷりと
SORX5775.jpg

▼ウンベラータ。太陽大好き。寒いのはダメ最低10℃以上。
DSC_0002.jpg

▼ハイビスカス。太陽大好き。強剪定して木が強くなり花が咲く
DSC_0001.jpg

フラグシップ
住所 〒939-1406 富山県砺波市宮森266
電話 0763-27-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
ファックス 0763-37-2552
メール tachibana@flagship-style.jp


フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する