住まいの定期点検は社長や設計担当がする

定期点検で訪問して建物の状態がどのようになっているか?どんな使い方や暮らし方をしているかを観察することと庭の草や植木の生育はどうなっているかを見るのはとても楽しみ。

設計した家と外構の点検を行うことは自分がやった仕事に問題はなかったか。もっとこうすれば良かったことがないかを見る、自分の仕事を点検する機会です。

お客様が全てなんの問題もなく平和に暮らしていることは前提ですが、これで良しと自分で決めなければ点検で見つける問題はいくらでも挙げられます。ただお客様にそれを伝えることと会社側に持ち帰る問題と二通りある。

また是正する必要があるものが出て来て、有償なのか無償で直さなければならないのか。設計が原因で不具合が出ていれば無償で直し、お客様の使い方や経年変化からのものであれば有償など、お客様へ丁寧に説明しなくてはいけない。

定期点検に伺うとお客様からクレームを頂戴して対応が面倒だから点検は行かない。若しくは現場監督やメンテ担当に対応させている会社がある。それぞれの会社のスタンスですが社長や担当した設計が点検に行くべきです。点検することは将来の設計と経営方針に大きく関わってくるから。OB宅に行くことで見えてくるもの沢山ありますよ。

▼1年と半年でここまで成長した植木
20171023 (8)
160318 (23)

▼半年経過した様子。こんなに増えるのですね
20171020 (5)
20170613 (10)

▼玄関横のフッキソウ元気いっぱいです
20171029 (10)
151010 (1)

フラグシップ
住所 〒939-1406 富山県砺波市宮森266
電話 0763-27-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
ファックス 0763-37-2552
メール tachibana@flagship-style.jp


フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する