階段を無垢の木で仕上げる

階段の材料には何が使われているかご存知ですか。フラグシップはお客様が選ばれるフローリング材に合わせて階段の材料を決めています。選択は特別なご注文が無い限り私にお任せして頂いていることで無垢の木で作ることにしています。

加工の手軽さ価格と足触りの良さに加えて、家とお客様が好まれる雰囲気、どんな素材がフィットするか考えるのは毎回楽しみのひとつです。

階段は昇降する際にヒトの荷重がしっかりかかるので踏板などに掛かる力は大きい。そのため素材の収縮による軋み音が出やすい無垢の木を階段に使うことはクレームになりやすく一般的に選択から避けられることが多い。

床を歩行する。階段を昇り降りする。それらの行為をするのに床材や階段材がギシっと鳴ることがいつから良くないことになってしまったのだろうか。その良くない(クレーム)ことに関わらないようにする素材選びで良いのか。

フラグシップは可能な限り自然素材でなるべく身近な場所で育ったものを材料にお客様へ提供したいと考えています。階段材も同じこと。

また階段加工は大工さんがノミや電動工具を使って現場で造作しています。集成材やMDF材であれば工場プレカットで現場納品できますが、僕の設計する階段はプレカット加工対応できないものが多いのが現場加工の理由。

無垢の木で階段を掛けると軋み音や反り隙間など発生します。変化に対して大らかな目で見て頂けるなら階段材には杉やひのき、松などで是非造作させてください。素足での歩行は気持ちいいですよ!

▼前はストリップ階段で奥が箱階段
これは造作ならではの納まり
140609_093.jpg

▼米ヒバ材の階段
20160522_050.jpg

▼とやまの杉節有の階段
20160928_048.jpg

▼こちらも米ヒバ材の階段
SORA7267_1.jpg

▼トリマーで8ミリ幅の溝を彫って滑り止めを付ける
20170703 (23)

▼キレイに溝が彫れました
20170703 (1)

▼側板には踏板を差す仕掛けが予め彫ってある
20170703 (2)

▼そこに踏板を差して留める
20170703 (5)

完成見学会のお知らせ

日時:7月29日(土)、30日(日)
場所:富山市八尾町丸山
時間:OPEN 9:00、CLOSE 17:00
コンセプト:カスタマイズハウスvol.00 DIYで完成させるハッピーな家の未完成!?見学会
予約時間:
①9:00~10:30
②10:30~12:00
③13:00~14:30
④14:30~16:00
⑤16:00~17:30
予約制の見学会となります。参加をご希望される方は日時と希望時間をメールに記入して送ってください。詳しい案内図をお送りいたします。よろしくお願いします。見学会への申し込み 
八尾町/丸山の家 これまでのストーリー
http://flower76.blog.fc2.com/blog-category-52.html
フラグシップ
住所 〒939-1406 富山県砺波市宮森266
電話 0763-27-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
ファックス 0763-37-2552
メール tachibana@flagship-style.jp


フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ 

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する