今と将来にとって良いと感じたものを提案する姿勢

窓性能を上げるのに高い重要性があるのは断熱性能。その性能を高くするのに必要なのが枠とガラスの部分。

枠はアルミ枠よりアルミ樹脂枠。アルミ樹脂枠より樹脂枠。樹脂枠より木枠。の順で断熱性能が高くなっている。ガラスはシングルよりペア。ペアよりLow-eペア。Low-eペアよりLow-eトリプルの順で高くなっています。

もちろん高性能になると価格が上がるので、樹脂枠のLow-eトリプルは高価格で新築やリフォーム工事に採用すれば総工費が自ずと増えます。性能と価格のバランスでどの窓を選ぶかはご予算と求められる性能に寄って決まってきます。

YKK APホームページ
窓のバリエーションと性能、価格とカラーを総合的に考えて今のところはYKK APのAPW330、331を採用しています。特段なご要望がなければ既成品窓はAPWで納めていますが性能、価格と窓業界は最近5年くらいで各メーカー主力商品が大きく変わって来ています。改良新開発される窓によってはフラグシップでもAPW採用一本ではなくなる可能性は十分にある窓工事。

窓工事に限ったことではなく住宅産業の動向やデザイン、現場施工、メンテナンスとその時々で良い物を発見してお客様に合っているものをシンプルに提供したいと考えて、日々設計と現場施工にあたっております。

▼引き違いテラス窓
20160522_028.jpg

▼1.2M角のすべり出し窓
20160928_035.jpg

▼テラス片開き戸
20160522_045.jpg

フラグシップ
住所 〒939-1406 富山県砺波市宮森266
電話 0763-27-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
ファックス 0763-37-2552
メール tachibana@flagship-style.jp


フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ 

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する