収納力が向上する可動レール棚板

子どもの成長やライフスタイルが変化すると身の回り品がだんだんと増えて来ませんか。増えたアイテムを限られた収納スペースに有効に納めることが出来れば、物を直接床に置くことを避けられて居住スペースを維持できます。

収納空間を立体的に活用する手段として棚板は取り付けておきたい。しかし建築当時に収納する物を想定できなかった場合は住みながら考えて、大よそ検討が付いた段階で棚を設置するケースがある。

そのような感じで後工事として取り付けた可動棚。

お子さんが小学校に上がりランドセルや教科書、学校で使用する用具を収納したい。がらんどう空間は納まりが良くないので棚を付けて収納力を向上させ且つ、子どもの手に届く位置で使えるようにしました。

後付け棚の注意は、レールを設置する箇所にビスが効く下地が入っていることが大事です。特に本は相当重く下地にきちんと留めて外れないようにします。今回のお客様の家の収納は杉板仕上げ自体が下地で使えるので、ビスがどこにでも効きます。

早速ランドセルを置いてみました~。これで定位置が決まるので片付けしやすくなって良かった!レールやブラケットはホームセンターでも購入できるので、棚が欲しい方はぜひチャレンジしてみてください。収納力が格段に上がりますよ!

▼ビフォー 真ん中のみに棚がある状態
20170430 (2)

▼アフター
タテにレールを付けてブラケットで持ち出した板を設置
20170430 (1)

フラグシップ
住所 〒939-1406 富山県砺波市宮森266
電話 0763-27-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
ファックス 0763-37-2552
メール tachibana@flagship-style.jp


フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ 

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する