造作家具テーブルに使える金物

造作したテーブルのファニチャーを製作してお客様にお渡ししてきましたが、少し改善点が気になっていて試作してみました。気になっていたことは、脚が天板に完全固定してあり着脱が不可だったこと。

脚と天板の完全固定のメリットは接着やビス締めなどでしっかり固定出来て長期間使ってのグラ付きが抑えられること。デメリットは引っ越しや2階へ運ぶ時に嵩張ってしまうこと、階段が狭く上げられないことが考えられた。

2階へ上げられないケースはこれまでなかったけれど、仮にダイニングテーブルで使っていてこれからは子ども専用や書斎で使うのに2階へ上げようかとなってから、あれれ階段途中で回らないぞと想定される。それを解消するためには着脱できる脚と天板が必要になる。

そして、ありました!家具技術がなくても製作できて、木の手軽さとシンプル構造の安価さを売りにしているファニチャーで採用できる金物。

「鬼目ナット」これがあれば天然木の天板にがっちり埋め込んでボルトで脚をしっかりと固定できます。なかなかいい金物に巡り合えたし、お客様がDIYでチャレンジできそうな加工でイケるので良い感じです。

注意として天板に嵌めた鬼目ナットと脚受け側の鉄プレート孔位置に多少ズレがあってもボルト締め可能なように、鉄プレート孔は大きめに開けて設計することくらい。

ちなみに試作したテーブルを4/9(日)6:00~のチューリップ朝市で販売します。どんな感じに仕上がっているか気になった方は是非遊びに来てください!

▼右が鬼目ナット。左がボルト
DSCN6762.jpg

▼今回の天板に取り付ける鉄脚
あてがって孔を空ける位置に墨を出しておく
DSCN6758.jpg

▼鬼目ナットを入れる孔を錐で空ける
DSCN6755.jpg

▼六角レンチを時計回しにしてはめ込む
DSCN6756.jpg

▼鬼目ナットを打ち込んだところ
DSCN6761.jpg

▼脚を立てボルトで固定する
DSCN6760.jpg

▼手締めで締まり具合を確認する
インパクトドラーバーは使わない
DSCN6763.jpg
DSCN6764.jpg

▼完成
見た目はビス固定とまったく変わりません笑
DSCN6767.jpg

※お知らせ
<チューリップ朝市>開催
日時:4月9日(日)6:00~
場所:となみチューリップ公園北口あたり
家づくりの現場で出た端材を再加工して製作したふみだいやコースター、木箱などを出店しています。また今回からはオリジナルファニチャーを出しています。

<家づくり相談会>"week"開催
日時:4月8日(土)~4月16日(日)10:00~17:00
場所:フラグシップオフィス 砺波市宮森266

基本内容:土地/資金計画、プラン設計相談会になりますがDIYやセルフビルドの相談も全力でお応えしますので是非。
※ご参加は無料です。ご都合の良い時間にいらしてください。事前ご予約されるとスムーズに応対できます。
フラグシップ
住所 〒939-1406 富山県砺波市宮森266
電話 0763-27-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
ファックス 0763-37-2552
メール tachibana@flagship-style.jp


フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ 

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する