基礎工事と同時に行う埋蔵文化財発掘調査

八尾町/丸山の家 進捗報告

この家が建つ土地は江戸時代の越中丸山焼操業に伴う作業所と考えられる遺構が試掘調査時で発見されていました。試掘で遺物が発見されると埋蔵文化財保護法に基づいて保護処置が必要になります。

保護処置?難しそうです苦笑。
実際は家を建てる真下、基礎工事で地盤を掘削すると同時に学芸員が立ち合いをして、遺物が発見されれば記録保存と保護(持ち帰り)処置を行うことになる。

機械(バックホー)で地盤を5~10センチ程度を掘っては目視で確認をしての繰り返し。普段であればざくっと掘ってしまうところを慎重工事で少しずつ進めるから時間は掛かってしまう。まあ「国のためと思いのんびりやろう」と基礎やと笑って作業しましたケド。

掘り始めるといきなり遺物が発見され作業は中断。しかしその後は発見されなかったので思ったよりスムーズに進み発掘調査は終了です。この程度で済んで良かったです。

発見した遺物は「昔の人の忘れ物」として教育委員会が所管の警察に届け出をします。それが文化財らしい、となるとその後鑑定する工程と学芸員に聞きました。文化財となり所有者不明となれば晴れて国民の共有財産となるようです。大変な作業です。

これまでは試掘調査までは経験したことがありましたが、発掘調査をして遺物が発見されたことは初めてだったので良い勉強になりました。(もうあまり歓迎はしませんが苦笑)

引き続き基礎工事を再開して行きます!

▼掘ってはストップ!掘ってはストップ!と声がかかる
20170323 (4)

▼地中梁は深く掘るので発見される可能性が高い
20170323 (40)

▼素焼きの器?江戸時代のもののようです
20170323 (26)

▼それぞれに番号を割り当てて記録している
20170323 (36)

※お知らせ
<家づくり相談会>"week"開催
日時:3月18日(土)~3月26日(日)10:00~17:00
場所:フラグシップオフィス 砺波市宮森266

基本内容:土地/資金計画、プラン設計相談会になりますがDIYやセルフビルドの相談も全力でお応えしますので是非。
※ご参加は無料です。ご都合の良い時間にいらしてください。事前ご予約されるとスムーズに応対できます。
フラグシップ
住所 〒939-1406 富山県砺波市宮森266
電話 0763-27-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
ファックス 0763-37-2552
メール tachibana@flagship-style.jp


フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ 

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する