軒の持つ効果を再カクニンする

少しは雪の天気が落ち着いたのかと思えば外気温がちょっと高い。ドカ雪後の気温上昇は雪崩の警戒が必要だし早朝雪解け水が凍結していれば登校する児童が転倒する危険が増える。徐々にとか程々に変化してくれると僕らにとってはいいのにねえ。

先日からの降雪でお客様の家を巡回して来て改めて「これでいい」と再カクニン出来たことがあった。それは「軒」です。

家には軒があってそれが必要な理由がいくつもあります。近頃は先端なデザインなのか不明だけれど軒無しの家が世間に溢れ出しているのは家づくりに携わる者としてはちょっと複雑です。なぜ軒無しの家がこうも増えているのか?

僕の設計は軒あります!
程々に張り出した軒と庇は家の耐久性はもちろんプロポーションも素敵。太陽が出ればそこに陰影を与えてくれて雨や雪が降れば家族と家に安心を与えてくれます。

軒の話しは設計者が家にどの程度必要か否かと捉えているかで採用も省略も決まります。お客様に「軒出しますか。無しにしますか」と聞く設計者はいません。設計者の判断に委ねられていること。

仮に軒無しの家を設計するのであればそこに関連するものへの対策も同時に行うことになります。問題はそこが省かれている家が多いのが問題。もちろん軒があるから家のこと全てにおいてグットではなく過不足ないバランスが大切。

四季折々の変化に柔軟に対応できるパーツ。軒は重要なテーマです。

▼縁側が軒の効果で濡れずに済んでいる


▼傘を扱う玄関の軒下をゆったり取ると
気持ちに余裕が生まれる


※お知らせ
<家づくり相談会>"week"を開催します。
日時:2月4日(土)~2月12日(日)10:00~17:00
場所:フラグシップオフィス 砺波市宮森266

基本内容:土地/資金計画、プラン設計相談会になりますがDIYやセルフビルドの相談も全力でお応えしますので是非。
※ご参加は無料です。ご都合の良い時間にいらしてください。事前ご予約されるとスムーズに応対できます。
フラグシップ
住所 〒939-1406 富山県砺波市宮森266
電話 0763-27-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
ファックス 0763-37-2552
メール tachibana@flagship-style.jp


フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ 

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する