照明やスイッチコンセントの重心を下げて高さのバランスを取る

先日は照明器具のことを書きましたが
今回は取付ける位置についてです。
位置の中でもとりわけ高さについて。

照明器具の高さは主にブラケットやペンダントライトのこと。
ブラケットライトであればFL+1900~2000mm。
ペンダントライトであればFL+1500mmにしています。

スイッチは一般的には1200mmですが
フラグシップでは1080mmとしています。
スイッチプレートが120mmあるので一般的より1枚分下げた高さが標準。
コンセントは150mmにしています。

これらの高さは天井とのバランスから導き出している数値ですが
明かりの重心を低くすることは落ち着いた雰囲気にも一役買ってくれる。
スイッチは肘でポンと当てることも可能な高さなので結構いい具合です。
因みに天井高さは基本2200mmが基本。

縦の長さに対してどの高さに照明やスイッチコンセントがあると
全体としてのプロポーションがいいのか。
使い勝手とデザインのそれぞれから検討すると
空間と実用性のバランスが上手くまとまります。

▼ソファで読書や新聞を読むときに付けるブラケット
SORA7259_1.jpg

▼スイッチコンセント+インターフォン
140609_063.jpg

▼ペンダントはテーブル高さ×2が目安
20160522_015.jpg

▼足元にある明かりが自然と床に座りたくなる
20160928_028.jpg

フラグシップ
住所 〒939-1406 富山県砺波市宮森266
電話 0763-27-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
ファックス 0763-37-2552
メール tachibana@flagship-style.jp


フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ 

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する