玄関に奥行き感を出して間をゆったりさせる

玄関の大きさはどれくらいがちょうどいいのか。

概ね1坪~0.75坪にすることが多いけれど、
1坪が広いか狭いかと言えば恐らく狭いかもしれない。
比較的小さな家が多く玄関をどんと広く取れば
居住スペースをくうのでこれくらいで納めるようにします。

床面積よりも視線の向きや人の感覚的に狭さを感じないほうが
窮屈さがないと考えているので、どうすればその問題を解決している
のかをご紹介します。

ひとつは
カウンター式の下足入れを玄関内に設置しない。
どうしても狭くなるのでなるべく置かないで
ウォークインクローゼットを繋げる手法にしています。

そしてもうひとつが
上り框の向きに少し工夫を入れる。
土間と床との段差になる部分に上り框を入れますが
玄関戸(ドア)と平行もしくは直交させないで斜にするようにしています。

そうすると奥に目線が誘導され視覚的に動線が動きます。
框の位置をほんの少しだけ引いたり出したりすることが
意外と効くようで面白いです。
間取りを決めるときの参考に是非してください。

▼引いた側に靴を並べると納まりがいい
SORA7005_1.jpg

▼ウォークインクローゼットへ視線が伸びて
土間続きに奥行感を感じる
20160522_082.jpg

▼左側に引いた框が動線を引き込む
20160928_005.jpg

▼同じ家の玄関をヨコから見ると
框が室内側に引いているのが分かる
20160928_012.jpg

フラグシップ
住所 〒939-1406 富山県砺波市宮森266
電話 0763-27-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
ファックス 0763-37-2552
メール tachibana@flagship-style.jp


フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ 

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する