エアコン暖房は14畳用が最大なのは意外に知られていない

家庭用エアコンには
壁掛け式のルームエアコンと天井埋込式のハウジングエアコンの
2タイプがあります。

家電量販店で購入できて僕たちに馴染みがあるのはルームエアコン。
手ごろで機能が充実していることからルームエアコンで暖房をするご家庭は
かなり増えています。

先日にも書きましたが、エアコンを選ぶ基準は「能力」です。
特にエアコンを暖房機で使う場合は、機種のスペック表にある
「低温暖房能力外気温2℃時」を確認してどれにするかを選ぶといいです。

そのスペック表を良く見ると
冷房時おもに14畳用が8.5kW(表の青丸)を頭打ちに
冷房時おもに26畳用と能力に差がないのが分かります。

暖房能力だけを見れば、26畳用が最大になっていますが
これは室温20℃、外気温が7℃の時の能力。
暖房が欲しい季節は外気温7℃を下ることは多いからスペックを参照するなら
「低温暖房能力外気温2℃時」を見て機種を決めたい。

実際に26畳用は高価で手が出しにくいけれど
エアコン暖房を主として検討するなら14畳用までと知っておくといいですよ。
※冷房能力は別です。

▼パナソニックエアコンのカタログから
Panasonic Catalog Viewer-2

フラグシップ
住所 〒939-1406 富山県砺波市宮森266
電話 0763-27-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
ファックス 0763-37-2552
メール tachibana@flagship-style.jp


フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ 

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する