暖房するのに何畳用のエアコンを選べば寒くないのか

一気に冷え込んだこの頃。
暖房機器を動かし始めた家庭も多かったと思います。

現在フラグシップがお客様へおススメしている暖房機器はルームエアコン。
ただエアコンといってもメーカーは多く大小様様あると、
どの機種が設置する部屋に合っているのかは検討も付きにくい。

大体の方は家電量販店のスタッフに相談して購入されていると思いますが
設計する新築や断熱改修したお客様の家であれば、その部屋(家)にあったものを
お客様に提案するようにしています。

エアコンを選ぶときの基準は「何畳用」と畳数から検討される方が
大半だと思いますが、実は違います。

実際はエアコンの「能力」で選びます。
暖めようとしている部屋(家)の断熱気密性能と暖房機器能力を
一緒に検討して、どの「能力」のエアコンが最適かを選ぶことになる。
面倒ですよね。

家電量販店はエアコンの暖房機器能力は説明出来るけれど
部屋(家)の断熱気密性能は当然知りません。
知らないから安全側(かなりの)を見て畳数が大きい機種を売る。
仕方ありません。

しかし既存家でエアコンを取り換えられるお客様は別ですが、
新築や断熱改修したお客様の家であれば、設計者が
「家の性能から数値上はこの能力の暖房エアコンで足ります」と
キチンと提案出来ているかどうかが大事です。
「足りないと不安ですから、おっきいのにしましょう」と言う方はNGかな。

家の性能と暖房機種の関係は強いと考えています。
選定と購入をお客様にお任せするのではなく、そこを一緒に検討して
なるべく無駄がないようにはどうすれば良いかを計画しています。

▼赤枠がメーカーカタログで能力表示されているところ
(パナソニック)
Panasonic Catalog Viewer-1

フラグシップ
住所 〒939-1406 富山県砺波市宮森266
電話 0763-27-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
ファックス 0763-37-2552
メール tachibana@flagship-style.jp


フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ 

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する