夜間の温度変化を窓の開け閉めで調整する

先日オーナーに平日の帰宅後の過ごし方と
冷房の使い方をどうしているのかを聞いてきました。

「帰宅6時頃、1階リビングの冷房を28度自動運転で稼働する」
「自動運転が設定温度の室温になれば、リビングの冷房は止め、
2階寝室の冷房を26.5度自動運転で稼働させ全館冷房している」
もちろん扉は開けっ放し。

2階で冷やされた空気は吹き抜けや階段を経由して
1階へ降りてくるのでこのやり方でいいです。
ただ寝室の扉を開け放していても、26.5度はかなり涼しいはず。
設定温度と体感温度にはズレがあるので一概に言えないけれど、
28度設定が理想とお伝え。


ちなみに訪問日8/12の気温は
最高気温が午後1時に30.9度。
午前11時には30度を超えていて、この日も暑い1日となっている。
訪問したのは午後6時頃で外気温は28度くらい。
室内は冷房稼働の自動運転で快適だった。

しかしここでちょっと窓開けしてみると、
北東の風3.0m/sと心地よい風がす~っと入ってくる。

外気温が日没後にはどんどん下がり始めるこの季節。
日中にこうも暑いと「暑い!」のイメージがあり、夜の外気温は何度か?
通風を取ろうとか意識が働かないのもよく分かります!

お盆を境にして日没後にはかなり外気温が下がってくる富山県。
帰宅後に冷房28度設定していた室温よりも、外気温が低いことは
これからの8月末はおこりうる。

真夏のピーク時とお盆後では夜間の温度が随分と変わります。
面倒でもちょくちょく窓開けをして外気を肌で感じ、
空調をコントロールして行ってください。

▼木の揺らぎで風を感じる暮らし


【 8月の無料相談会 】
8月28日(日)
1回目 10時
2回目 14時
場所 フラグシップオフィス
相談会のお申し込みはこちらからお願いします。


フラグシップ
住所 〒939-1406 富山県砺波市宮森266
電話 0763-27-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
ファックス 0763-37-2552
メール tachibana@flagship-style.jp


フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ 

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ 
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する