地域材の家づくり 企業と人材

地域材を利用することは材料だけに限ったことではなく
企業や人材も含めたものが地域材。

企業であれば資本が地元地域にあるのかどうかが判断のひとつ。
理由は地元経済を少しでも潤したいから。

大工さんや電気やさんなど職人であればほぼ地元地域の人が多いイメージは
ありますが、木材をはじめ、建材やサッシ、金物、設備機器など
材料のみの場合は東京や大阪など都市部の企業になることも。
そこをなるべく地元企業にしたい。

仕事を発注するには技量や企業姿勢など色々なことを含めて、
ともに仕事が出来るかどうかを判断しています。

単に地元だから仕事を発注するのではありませんが、
金沢と県内の職人や企業を選ぶなら県内の職人や企業を。
更には砺波の職人や企業とともに仕事をして地元にお金が廻る(残る)ほうがいい。

地元地域の人々が家づくりを通じてお客様に商品や技術をサービスして喜んでいただく。
お客様はサービスに満足されてお金を支払う。
このサイクルが自然とできる家づくりが理想です。

140609_048.jpg
【 8月の無料相談会 】
8月6日(土)、7日(日)、28日(日)
1回目 10時
2回目 14時
場所 フラグシップオフィス
※各日2組限定
相談会のお申し込みはこちらからお願いします。


フラグシップ
住所 〒939-1406 富山県砺波市宮森266
電話 0763-27-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
ファックス 0763-37-2552
メール tachibana@flagship-style.jp


フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ 

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する