塗装種類と下地のパテ工程

自宅リノベは完了がまだまだ遠い、、、苦笑。
DIYは自身の根気と気力、もちろん体力!そして家族の多大な支えと理解が
あってこそやり遂げられるものだ。

DIY応援工務店として僕たちが身をもって経験することが、やる気あるお客様への
的確なアドバイスが出来ると考え今は必死!?に励んでいます。

前回は壁の石こうボード張りと羽目板張り工程まで。
次は仕上げの塗装工事だ。

塗装は2色塗り分けにしています。
ひとつは日本ペイントのHiビニレックスエコ70
1液で使えるので作業は簡単で安価。つや消しのテクスチャーで採用!!
水性なので手や衣類に付着しても洗い落とせ、シンナー臭さは少な目です。
それでも結構臭いので換気して作業しましょう!

もうひとつはファロー&ボールのエステートエマルション
こちらも1液タイプ。深いつや消し感は古くから世界で愛されている塗料。
天然顔料なので嫌な臭いはほとんどしないからDIY向き。
価格は高いので部分使いをしてコストバランスを取るといいです。

塗料が決まれば下地、パテ工事をやる。
料理もメイクも下ごしらえや下地が大事と同じように、塗装も下地が肝心です。

パテは仕上げ面を平滑にするもので、ボード継ぎ目や窓廻りの段差をパテで均し
均一な状態にするのが目的。
ただし、一気に厚塗りすると割れ剥がれの原因となるので、薄く何回も塗り重ねる
こと。キレイな下地をつくるにはてまひまがかかります~。


▼ボード継ぎ目に割れ防止となるファイバーテープを貼る


▼窓廻り、ボード継ぎ目、ビス頭とパテをかう。
下塗り用パテを3回。上塗り用パテを1回とパテだけでも4回工程がある!しんどい!!


▼パテをさらに平滑にするために、サンディングする。
#180を窓廻りなど細かいところを。#80でボード継ぎ目の平らなところと使い分けた
粉塵がかなり舞うので、防具は準備して下さい。




にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する