羊毛断熱材ウールブレスを壁に入れる

砺波市/鷹栖の家 進捗報告

梅雨らしい雨や曇りに時々晴れての空。
順調に工事が進んでいる鷹栖の家。

内部工事の方は壁断熱充てんの工程です。
断熱種類は定番としている羊毛断熱材ウールブレス。
厚み120ミリを壁厚みいっぱいに隙間なく充てんします。

隙間なく充てんするのは基本ですが、住宅の壁の中には様々なものがあるので
充てんする大工さんをはじめ、断熱に絡む作業を行う関係業者の断熱施工への
知識の高さが大切になる。

そして我々が行う現場管理の徹底がもっとも重要です。
各工程をタイムリーに段取りして関係業者を効率良く乗り込ませ施工する。

例えば電気配線が済んでから断熱材充てん。
壁中に入れる下地が済んでから断熱材充てんするなど、Aが終わればB。Bの次はC工事。
と順番に進めることが「隙間なく充てん」になります。

今回も丁寧な仕事ありがとうございます。


▼充てんして暫くすると空気を含んで少し膨らんでくる
160627 (9)

▼筋かいがある部分も隙間なくいれる
160627 (1)

▼電気配線を先行して行う。
変更ややり直しが無いように、お客様との打合せを早くしておくことが大切
160627 (7)

▼壁の中にはエアコン配管や電線。換気のパイプ、下地などがいっぱいだ
160627 (8)

▼屋根断熱工法なので、天井裏となる外壁の三角部分(妻という)まで断熱材を入れる
160627 (15)



にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する