無事に上棟することができました

砺波市/鷹栖の家 進捗報告

先週末から建て方の前段取りを行い、本日無事に上棟することができました。
朝から夕方まで雲ひとつない空。風も穏やか。まさに建て方日和の1日目でした。

午後1時過ぎには屋根の一番高い位置にある梁の棟木が掛かり、
家の輪郭がハッキリと見え、イメージしていたものが想像以上に良い感じで嬉しくなりました。

この家は富山の杉を梁材に多く使っています。
構造計算の基本は杉で行い、要所に米松を使用し材料を適材適所と使い分けて
バランス良く設計してあります。

建物のサイズは4間×3間に下屋が2か所付いたボリューム。
坪数は24.5坪とコンパクトでシンプルな外観形状が特徴。
アプローチ正面壁には定番の杉下見板張りとして、外壁に陰影を付け、
来る人に好印象を与えるのが狙いです。

北側には母屋が近く接しているので、階高はかなり低めに設定してみました。
階高を下げ天井は2200ミリが標準高さです。ただズベッと2200だと空間に
メリハリがないので、勾配天井や吹き抜けを組み合わせてリズムをつけてみました。

明日以降は屋根断熱と屋根下地工事へと続きます。
図面がだんだん形になるといつもハラハラドキドキしますが、とりあえず無事に
上棟を迎えられたことに感謝いたします。

オーナーにはお昼や一服の差し入れなど、気をつかって頂き
本当にありがとうございました。引き続きよろしくお願いいたします!

▼西側外観。ネームシートは道路よりバッチリ見えるところに掲げます
DSCN4285.jpg

▼朝はこの状態で土台が伏せられている
DSCN4279.jpg

▼2階床梁までかかった状態。通し柱だけが高く伸びている
DSCN4283.jpg

▼屋根が出来ています。
耐力面材を当てると、一気に建物らしくなりました
DSCN4288.jpg


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する