どんな照明器具がお客様や空間に合うのかを提案する

意外と思われるかも知れませんが、照明器具(灯り)まで設計で提案しているところは
珍しいようです。
後で設置できるように引っ掛ける金具だけの状態で引渡しとなり、入居後にご自身で
器具を購入してくださいとなっている。

そうなると、ペンダントライトか天井に直付けするシーリングライトと器具の
バリエーションが限定されてしまう。
それでいいはずがないと僕は考えるので、電気配線(スイッチやコンセントの位置等)と
伴に照明プランを提案するようにしています。

フラグシップが多くオススメしているのは、ブラケットやスポット、ダウンライトに
食卓のペンダントライトとなります。
部屋の真ん中に大きいシーリングをどーんと付けることはしていません。

特にダイニングテーブルのある家では、食卓のペンダントライトをオーナーの雰囲気に
合わせて選ぶようにしていて「この家のコンセプト」と言えるくらい重要ポイントと思い
選定しています。

照明器具の種類にはダウンライト(天井埋込式)やブラケットライト、レール式など
単に部屋を照らす目的だけではなく、空間の雰囲気やインテリアを素敵に自分らしく演出
する器具があり選んでいて楽しい。是非気に入った照明を一緒に選んで行きましょう。


▼ブラケット(壁付け)ライト
磁器のソケットにボール球を組み合わせたシンプルなもの
160302 (10)

▼玄関灯 マリンランプは形、雰囲気に特徴がある
1 (2)

▼ダイニングテーブルのペンダント パナソニック黒


▼ダイニングテーブルのペンダント パナソニック白


▼ダイニングテーブルのペンダント IKEA
1 (106)


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する