災害対応型住宅エコハウス

東京都西東京市を拠点としている地域工務店の岡庭建設

少し前になりますが、
今月グランドオープンしたモデルハウスR-ECO HOUSEを池田専務(通称隊長)直々に
案内して貰い見学してきました。VIP~
隊長にお会いするのは、在京時以来なので実に4年ぶり。

隊長からは、モデルハウスを作るにあたってのテーマの話し。
これまでとこれからの岡庭建設の活動の話しなど、とても参考になることばかりで充実した見学となりました。

中でも地域企業として、なぜ地域と関わる必要があるのか。そしてどう地域(不動産、工務店として)
と関わり続けて行くかを常に考えている話には、ぐっとくるものがありました。


R-ECO HOUSEはもしもの災害時に活躍する仕組みがある家だけど、
日常は暮らしの基本である「楽しさ」を追及している木の家となっています。

見学後に起きた熊本地震。改めて考えさせられた自然災害と今回のモデル見学。
Enjoy everydayを実現するフラグシップの家づくり。またひとつ勉強になりました。


▼リビングとダイニングの間にある薪ストーブ
明るいダイニングに対比してトーンダウンしたリビングは落ち着く~
0414 (57)
0414 (59)

▼小屋裏にある水道タンク。一定量を常に貯水する装置。
災害時は落差で給水する方法です。
0414 (70)

▼洗面化粧台 ボウルとカウンターが分かれることで
使い勝手が格段に良くなる例です。ミラーはスライドする。
0414 (72)

▼入り口から一直線でキッチンへ。この裏は食品庫と洗面浴室へと繋がる。
0414 (56)

▼レッドシダーの天井とグリーンがいいね。
吹抜けの照明は木の皮を使ったもの
0414 (62)

▼池田専務、ありがとうございました!
0414 (46)

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する