基礎を水洗いして室内になる床下を清掃する

富山市/石金の家改修工事は基礎工事が終わって大工工事へと移っています。元々の基礎は床下換気口のある床下換気工法で、その工法からリフォーム後は基礎断熱工法へと変更させました。土だった床下には防湿シートを敷き土間コンクリートで覆います。換気口は塞いでしまい土台と基礎の僅かな隙間は基礎スカート断熱材を敷き込むタイミングでウレタンを充てんします。既存の土を土間コンクリートに変更したことで土中から侵入してく...続きを読む >

階段手すりを鉄骨でつくってインテリアをデザインする

階段の上り下りに欠かせないのが手すり。階段の移動中もし足を滑らせてしまった場合にさっと握れる手すりが傍にあれば転げ落ちることが防げます。もちろん建築基準法で定められている装置なので手すり設置は必須。階段室のように囲まれた空間とは別に、吹抜けの中に階段があり且つリビングなどから良く見える設計にしたならば手すりのデザインに拘りたい。砺波/平和町の家では木製の造作階段に組み合わせた鉄骨手すりにしてみまし...続きを読む >

どうしてフラグシップは木を植える外構をしているのか

春の訪れを待って今年の冬にお引渡しをした砺波/平和町の家にようやく緑が入りました。いつもお願いをしている庭師さんに今回も工事をしてもらいます。樹種は限定して高木には落葉樹イロハモミジ、サルスベリ、ヒメシャラを選択しています。オーナーと建物外観の雰囲気を考慮して初めてドラセナを植栽してみました。ドラセナはツンツンした葉が若々しく活気のある木。なかなか良さそうです。やはりアプローチ、庭に木があると佇ま...続きを読む >

大雪で破損した雨樋を修理する

今年はじめの1月にあった大雪でヴィンテージモデルハウスの雨樋が破損する被害に遭いました。樋は銅とステンレスの異素材を融着させたもの。経年変化して味わい深くなる銅に、内側は酸性雨の影響を受けにくく耐久性が高いステンレス。正に革新的ハイブリッド製品でヴィンテージハウスにはぴったりな雨樋。しかし弱点は樋受けが銅素材ならではの柔らかいこと。軒先を巻き込む雪が樋にひっかかり、徐々に溶け滑り出す雪の荷重に樋受...続きを読む >

満開のサクラが散りはじめて最初の状態を振り返る

例年より数日早く開花したヴィンテージハウスのソメイヨシノ。頼成に移ってから4回目の開花でこれまでと比較して今年が一番綺麗に咲いてくれています。最初の年に咲いたサクラを見た感想は「寂しい」でした。満開に咲くサクラは気持ちが昂るイメージがあったため、ちょびちょびと枝に付く花びらはいい感じとは程遠いもの。そこからは毎年のように手を加えて整えていきました。一番効果が高かったのは防除の回数でしょう。4~9月ま...続きを読む >

砺波マルシェに出店してきました

チューリップ公園の活用と賑やかで穏やかな場所と時間を提供するマルシェ。砺波チューリップ公園で10日土曜日に開催された「チューリップマルシェ2021」にフラグシップとアクセサリーブランドで出店してきました。昨年から参加させてもらって2シーズン目の初回となった4月は、お客様の数は適当に多く過度な密にならずいい感じで時間が流れていました。園内はソメイヨシノが満開を過ぎて散りはじめ、舞った花びらが池に舞う風景が何...続きを読む >