望んでいた暮らしをリアルに叶えて家族とともに楽しんでいる

砺波/太郎丸の家へ先日定期点検でお伺いしてきました。引き渡しから2年とは早いものであっという間です。年末の折で恐縮でしたが、薪ストーブの暖かさでツイ長居してしまいました。太郎丸の家は屋根と柱梁はそのままに全てを解体した大規模リノベーション。座敷と奥の控え間は既存として、1階の床面積半分以上と2階は全て刷新した工事を行っています。とにかくアウトドア志向な家族。特にキャンプは上級者で行く頻度が高い。その...続きを読む >

年末の大掃除でやっておきたい場所 トイレ編

年末は一気に家の大掃除を行いすっきりとしたモノと気持ちで新年を迎えたい。やはりこの際に普段やらない部分まで掃除をしてみませんか。例えばトイレ。最近の機種だと結構できることがあり一部ご紹介です。①便座のフタを外す軸の部分を少し広げる感じにするとスッと外れます。フタを外すと便座との隙間付け根辺りに雑巾を差せて拭けます。フタ縁には静電気で黒ずんだ汚れが付着しています。それもトイレクイックルで拭き上げます...続きを読む >

造作キッチンの木のカウンターには撥水塗装をして使い勝手を良くする

造作キッチンや食器棚のカウンターを木で仕上げる場合に悩むのは水染み問題。シンクでの洗い物の水しぶき。冷えたコップに付いた水滴の輪染み。置いたボウルに水が付いていたなど。キッチンで水のことを気に出すとキリがない。木の※集成材含めて、カウンターにしたなら素材感は損ねたくない。質感、手触りとナチュラルな状態は維持しておきたい。尚且つ水染みを防ぐ撥水効果を求めたい。それらの要求を叶える木の素材感をそのまま...続きを読む >

床下清掃を兼ねた床下の点検を行い問題が起きていないかを確認する

砺波/平和町の家は仕上げ工事が佳境を迎えています。その工程のひとつに僕たちが行う床下清掃兼点検があり本日作業を終えて来ました。新築の設計は基礎断熱工法を採用していて床下は室内概念となります。土間コンクリートで覆われた床下に基礎外周部は75ミリの断熱材を敷き込んであります。平和町の家は床下エアコンで全館暖房する設計のため、エアコンの吹き出す風が床下を這い床に開けたスリットより1階2階へと上昇していきます...続きを読む >

年末年始は夫婦で家のこときっかけに価値観を話し合ってみよう

今年も残すところ10日を切り今週いっぱいで仕事納めの方は多いでしょう。そして年末年始はコロナ禍とあって家で、そして家族と過ごす方が増えるかもしれません。この正月は家に居る時間が長くなるほど家に対する気持ちが強くなる時期です。理由は、コロナ禍で在宅を余儀なくされ家の価値観を見直したい人。子どもとともに過ごす時間が必要以上に長かったことで家の価値観を見直したい人。寒さが厳しくてやっぱりどうにかならないか...続きを読む >

国内唯一のフロントオープン食器洗い乾燥機はリンナイ製

寒く乾燥する季節の食器類手洗いは手荒れの面からできることなら避けたい。時間、手荒れ問題を一気に解決してくれる食器洗い乾燥機は新築、リフォームともお客様からは強く要望される設備のひとつです。メーカーシステムキッチンの場合はメーカーオプション枠が設定されていて限られた中からの選択性。造作キッチンの場合はメーカー、機種問わず基本的にどれでも採用が可能です。とは言うものの数ある食洗機からコレがいいとおスス...続きを読む >