砺波平和町の家で気密測定を行ってみた

現場進捗が中盤に差し掛かったタイミングで行った気密測定。壁断熱材をセルロースファイバーへ変更した第1棟目に測定して、どれくらいの数値が出るか工事中間時点で確認しておきます。気密は家の気積に対してどれくらいの隙間面積があるかを見ます。換気ダクトの開口。電気配線と給排水管の貫通と、外壁へ抜けるあらゆる工事が済み完成時とあまり差がない状態で測定を行います。機器は送風機と精密機材を使って気密測定技能有資格...続きを読む >