外壁通気層に虫が侵入しない工法

外装仕上げ材と透湿防水シートの間には胴縁と言われる下地があります。この胴縁に外壁材を止めつけて仕上げるため、仕上がってしまえば隠れて見えなくなります。胴縁には適当な間隔で欠き込みがあります。この欠き込みは空気の通り道で通気層といい、土台付近から入った空気は通気層に入り下から上へと通過して、軒や棟などの高い位置から外へ出て行きます。通気層を確保する理由は様々で外壁材裏側の空気を滞留させない。壁内の水...続きを読む >