断熱気密で細かな点をしっかりとこだわる

在来工法は梁や桁を組む仕口と合わせて、金物で緊結させて固定する方法を取ります。緊結する金物は大抵六角ボルトを使用して、ボルトに座金を重ねナットで締め付けてあります。金物の数は相当で在来工法の建て方は梁や桁を組む作業より、ボルトを締め付ける作業量が圧倒的に多くなっているのが実情です。そのボルトは外周部と内部側とそれぞれ必要な箇所に取り付いています。ボルト用に梁や桁に孔を空け、そこにボルトを貫通させま...続きを読む >