造作家具は施工図があってこそ出来上がる家具

造作家具はひとつとして同じものがなく、現場単位で施工図を起こす必要があります。毎回同じようにつくっているようでも微妙に異なる箇所があるため、一軒一軒かりかり描いて数十枚描きあげて行きます。つくるのは大工がメインで、建具、塗装、タイル工が仕上げ、電気、設備が絡んで協働によって製作されます。いくつもの業種が絡む工事をまとめる役割が施工図になります。家具寸法はお客様の身長によるものや、使い勝手によるもの...続きを読む >