断熱材含めて仕様見直しが必要な一年になります

砺波千代の家は大工さんが壁断熱材を充てん中です。繊維系断熱材羊毛を大工さんが柱と柱の間に壁厚み分隙間なく入れて行きます。断熱材をどの種類で選択しても隙間なく入れることが大前提で、この種類だから性能が良く他はダメだと言うことはありません。兎にも角にも隙間なく充てんすることが大切です。材料の選択は確実性、性能、価格、施工性、生産過程の他に家全体のスペックを総合的に検討して決めています。壁断熱材は創業時...続きを読む >