建築物省エネ法が改正されてお客様にとって何がメリットなのか

令和元年5月17日に公布された「改正建築物省エネ法」の説明会に昨日行ってきました。規模区分があり、「300m2未満の住宅」の規模に該当する住宅設計施工のフラグシップは、2021年4月以降工事請負契約する場合、一級建築士である僕からお客様※建築主へ、設計した家の省エネ性能の評価が基準を満たしているか否かを説明するようになります。基準は、1、住宅の窓や外壁などの外皮性能を評価する基準。2、設備機器等の一次エネルギー消...続きを読む >