造作家具に貼るタイルは割付けがポイント

砺波、杉木の家は家具造作が着々と進行していて、ほぼ終わりが見えて来ています。毎回同じように設計図を描いても、その家その家で寸法などの納まりは微妙に異なるもの。壁と壁の間の長さの違い。建具の開閉の仕方の違い。そして貼るタイルの違いです。タイルは一枚の寸法が決まっていて割付けがとても重要な仕上げ材です。例えば1枚10センチ角タイルを、短くカットせずにそのまま貼れて仕上がったとします。そうすると結構すっき...続きを読む >