富山県の山で育つ

柱、梁、母屋、間柱筋交い、屋根垂木はとやまの杉県の助成金を貰いますので、現場確認があります木造建築を手掛ける者として、地元の山で育った木(国産無垢)を使う家づくりがベースと考えています。その一番の理由は山が機能し循環するからです。戦後大量に植えた杉が成長期を終え、伐採する時期に来ています。木はもともと多くの建築資材として流通していましたが、コンクリート造や鉄骨造の建物が増えたことや外材の木材が安く...続きを読む >