断熱材にすっぽりと覆われる

外部廻りの構造金物がある孔に断熱(ウレタン)を吹き込みます。建て方直後はこのように金物が木材に彫り込まれてます吹き込んだ断熱は梁の外面でカットして切り落としますその後透湿防水シートを建物廻りにぐるぐる巻きにします柱と柱の間に断熱材を充てんする工法は、木材を貫通する金物部分が熱橋となります。熱橋が起こると断熱性能が低下して壁内結露になる可能性があります。細かい箇所の結露対策ではありますが、断熱気密が...続きを読む >