過去の建物を尊重しながら、新たな魅力を引き出すことを大切にした設計を行いたい

リノベーションでは、元の家にある素材や材料を再活用することが、新たなデザインや設計において重要な役割があることと常々考えています。木の板や建具、照明、樹木、石など、お客様のライフスタイルや仕上げのイメージに合わせて、再利用できる素材や材料を解体前の家から見つけることを設計の着手前に行っています。素材は古くても、適切なアイディアと工夫次第で、新しいデザインに生まれ変わることができるかもしれないと、ワ...続きを読む >

リノベーションこそこれから私たちが携わる意味のある建築

高岡市/醍醐の家はスケルトン状態にまで戻す解体工事を手壊しによって着々と進んでいます。重機を使って一気に壊す解体と違い、着実に進む手壊しは当時の仕事が見ることができる貴重な経験でもあります。天井裏、壁中、床下と徐々に露わになってきますと、良いことも良くないことにも遭遇してきます。良いことはそのまま継続し、良くないことは治して健全な状態にすることで、お客様の暮らしを永く安心できる住まいにすることが私...続きを読む >

工事の内容によっては普段の生活ができなくなり、支障が生じることがあるということ

リノベーションの設計が確定し、いよいよ工事が始まることになりました。これまでの打ち合わせで話し合ってきたことが、これからは実際の形になっていく様子を見るのはとても楽しみですね。ただ、少し気になる点もあります。それは、今お住まいの家をリノベーションする場合、工事関係者が朝から夕方まで出入りすることや、工事の内容によっては普段の生活ができなくなり、支障が生じることがあるということです。このようなことを...続きを読む >

普段の生活を変えたい願望があっても目の前に来ると気持ちが下がってしまう

リフォームやリノベーションのご相談を受け、設計と積算がほぼ固まり、打ち合わせを進めていくと、今の生活を向上させたい気持ちと、やはり変えられない部分に対する思いとの間で葛藤することがあります。長い間使い慣れた生活の中で、特定の配置に置いてある食器や、段差のある床などは、私たちにとって馴染み深く、生活の一部として感じられることがあります。しかし、使いにくさや片付けにくさを感じたり、生活の質を向上させた...続きを読む >

私たちの住まいが健全な状態にあるのかを調べる

既存建物の診断は耐震診断に限られていて、建物に起こっているひび割れ、傾き、沈下などの不具合を調査、診断することは殆どありません。住まわれているお客様が「自分たちの住まいが健全な状態にあるのだろうか」と関心を持たれている方が少ないことも実態としてあります。また「不具合」が起きたとき、放っておくと良くないと想像できたとき、気がついたら手遅れのとき、気がついても費用・気持ち・日常が忙しくやらない、相談す...続きを読む >

リノベーションを設計するときに大切にしていること

先月現地調査でお伺いした家の設計を始めています。一旦まとまりつつあるものの気になるところがあり押さえておきたい方向性を再確認するため、先日もう一度現地を訪れ改めて今のプランのままで良いか良くないかを見て廻ってきました。新築、リノベーションどちらも設計を行う上で大切にしていることは「日当たりがよいこと」「風通しが良いこと」「木を植えること」になります。日当たりは冬と春秋にたっぷりと。風は初夏から秋に...続きを読む >