軒天に羽目板を張ってデザインする

砺波平和町の家は大工工事が着々と進行中。猛暑から一変して朝夕は随分と過ごしやすくなりました。これで身体は相当楽。益々捗る予定で良かった。只今は外壁下地や外壁仕上げと外回り工事の工程。雨が降っていなければ外を優先に進めます。外仕上げの最初が軒天張り。軒天とは軒の裏側のことで、建物を見上げた際には必ず視線に入って来るところ。フラグシップの設計は軒の出を60センチから75センチ出します。その面積は意外と広く...続きを読む >

屋根板金の色は黒系だけじゃない

ガルバリウム鋼板で葺く屋根の色は、お客様の雰囲気と好みを聞きつつ僕たちがご提案しています。建て方後一週間を経過した砺波平和町の家では、ガルバリウム鋼板を葺く屋根工事が着々と進行中です。今回はタテ平葺きです。切妻屋根形状で一辺の長さは約4.5メートル。縦方向接手がなく、棟から軒先まで一枚形状で葺けるのがメリット。接手が無いと雨水が板金裏へ回る事が起きない。おススメな葺き方です。そして色は薄いグレー色...続きを読む >

延床面積24坪の「平和町の家」が上棟いたしました

昨日猛暑の中、砺波平和町の家が無事に上棟いたしました。無事にとはやはり熱中症が起きないことで、休憩を随時はさみながら無事にという具合です。天候のことは雨や暴風より「晴れ」の方が何を行うにあたっても良い。しかし最高気温が35℃を超える猛暑であれば、単に「晴れ」が良い天候と言えない夏の建て方。建て方は高所作業で足元は不安定な箇所が多い。だからこそ作業を左右する天候の場合は、中止や延期がやむを得ずリスケを...続きを読む >

砺波で新たに始まる家づくり 平和町の家

かねてより設計を進めていた平和町の家が本日工事請負契約となりました。一昨年末に開催した完成見学会で初めてお会いしてから約1年と半年。本日を迎えられたお客様おめでとうございます。平和町の家は6月25日に採択通知される地域型住宅グリーン化事業に申し込みいたします。Ⅰ期枠で交付が受けられると、調整したスケジュールに合わせて工事と引っ越しまでの予定が組めそうです。地域型住宅グリーン化事業の補助タイプは、千代の...続きを読む >