構造計算するときに注意しているのが、「現場で確実に施工ができるかどうか」

砺波、千代の家は基礎工事で鉄筋を組み始めています。長期優良住宅の認定を取り、耐震等級3の基礎鉄筋量は2より多く、且つ補強使用が多く組み方に間違いが起きないように慎重に作業してもらっています。自社で構造設計をしているフラグシップは、専用の設計ソフトを使って計算しています。これを使いこなすにはなかなか骨が折れます。構造計算するときに注意しているのが、「現場で確実に施工ができるかどうか」です。特に基礎設計...続きを読む >

鎮めものを土地に納めて、この地に定まることをお祈りする

地鎮祭行事の最中、盛り砂に差した枝木に施主が鎌で刈り、設計者が鍬を入れます。その後鍬を入れた盛り砂に神主さんが鎮め物を納められて、地鎮の儀が終わります。終了後神社によっては※奉鎮と書かれている鎮め物を神主さんよりお預かりすることがあります。これは土地の神様を土の中に埋めてお供えするものです。建物中央辺りに鎮め物を埋めて、土地の神様をお鎮めするとともに、これからこの土地で行われる建築工事が安全に無事...続きを読む >