望んでいた暮らしをリアルに叶えて家族とともに楽しんでいる

砺波/太郎丸の家へ先日定期点検でお伺いしてきました。引き渡しから2年とは早いものであっという間です。年末の折で恐縮でしたが、薪ストーブの暖かさでツイ長居してしまいました。太郎丸の家は屋根と柱梁はそのままに全てを解体した大規模リノベーション。座敷と奥の控え間は既存として、1階の床面積半分以上と2階は全て刷新した工事を行っています。とにかくアウトドア志向な家族。特にキャンプは上級者で行く頻度が高い。その...続きを読む >

年末年始は夫婦で家のこときっかけに価値観を話し合ってみよう

今年も残すところ10日を切り今週いっぱいで仕事納めの方は多いでしょう。そして年末年始はコロナ禍とあって家で、そして家族と過ごす方が増えるかもしれません。この正月は家に居る時間が長くなるほど家に対する気持ちが強くなる時期です。理由は、コロナ禍で在宅を余儀なくされ家の価値観を見直したい人。子どもとともに過ごす時間が必要以上に長かったことで家の価値観を見直したい人。寒さが厳しくてやっぱりどうにかならないか...続きを読む >

障子をつかった家は雰囲気が良く何より外観がとても素敵

窓の室内側装置として障子の選択があります。カーテンとロールスクリーンが主流となってきている現代でも、障子の魅力は日本人の心の根底にあるいつまでも色あせない建具です。張り替え手間のかかる障子は現代の暮らし方に合わない。このような理由から障子が選択肢から外れ、変わってカーテンやスクリーンが窓に設置されています。ロールスクリーンはフラグシップの設計で多く採用してきています。障子と比べてスクリーンは扱いや...続きを読む >

照明を壁に付けると気持ちが落ち着きます

夕暮れが一段と早まって夜がだんだんと長くなりました。秋の夜長に照明を点けて一日の疲れを癒すための手法として壁付け照明がオススメです。壁付け※ブラケットライトは器具の高さを床面からどれくらいにするかが重要なポイントです。動線上であるなら目線より少し高くして、デスクやカウンターであれば天板からの距離は40~50センチ程度になります。ブラケットライトは全周や背面に光源があるなら壁面を照らします。電球その...続きを読む >

2階に浴室があるプランを考えてみる

砺波で現在進行中の平和町の家は浴室が2階にあるプランです。浴室はユニットバス仕様にすれば漏水事故が格段に減り、必ず1階にある必要性は殆どなくなり設計の幅が広がります。2階に浴室がある場合のメリットは、延床面積を増やすことなく1階に4畳半和室やシュークローク等の収納が確保できることです。そして浴室に隣接させる洗濯機置き場が2階にあると寝室、ファミリークローゼットへの収納動線が相当使い勝手良くなります...続きを読む >

LINEで工事進捗のご報告をしています

契約するまでは計画を立て工期を組み、設計を詰めて見積もりをしてお客様とは概ね月1ペースでお会いしています。打合せは5,6回行いスムーズに進行して請負契約に至るのが通常の流れになっています。そして確認申請が下りるタイミングで地鎮祭に着工。着工後に工事進捗と合わせて電気配線や造作家具に外構の打合せを数回現場で行います。工期は5~7か月を頂いて計画段階の日程とほぼ同じほど。契約までは月1ペースでお会いし...続きを読む >