太陽に素直な設計を基本に考えてみよう

断熱気密性能は窓や断熱材と選択する材料と確実な施工ができれば数値通りの性能が担保されます。そして熱損失計算を行える設計士であれば、断熱分野において信頼して大丈夫でしょう。しかし自然の摂理に則った太陽に素直な設計ができることが前提で、数値上で相当な良い結果が出ていたとしても、それを無視した場合案外住みにくい家になってしまう。富山は分譲地を含め比較的土地に余裕があるので、日中日当たりが期待できる南向き...続きを読む >

建築物省エネ法が改正されてお客様にとって何がメリットなのか

令和元年5月17日に公布された「改正建築物省エネ法」の説明会に昨日行ってきました。規模区分があり、「300m2未満の住宅」の規模に該当する住宅設計施工のフラグシップは、2021年4月以降工事請負契約する場合、一級建築士である僕からお客様※建築主へ、設計した家の省エネ性能の評価が基準を満たしているか否かを説明するようになります。基準は、1、住宅の窓や外壁などの外皮性能を評価する基準。2、設備機器等の一次エネルギー消...続きを読む >

壁掛けテレビでDVDやHDをスッキリと収納する

テレビのインチはどんどん大きくなり、今や55インチが20万円以下で購入できる。売れ筋が50インチ超えだから37インチの我が家は相当小さいからびっくり。テレビは薄いけれどワイドが大きいので、どこに設置するかは設計でも悩みの種。そして壁掛けテレビは9割のお客様が採用されています。壁掛けは下地をしっかりと入れる必要があって、工事中にお客様が入れるテレビインチの確認を取り、大きめな範囲で下地を入れます。以前範囲を...続きを読む >

坪単価の金額より含まれている含まれていない内訳を知っておこう

坪単価表示が気になってしょうがない方に知って欲しいのが「単価より中身」です。坪単価表示の計算式には決まりが全くなく、自社式で算出されています。各社オリジナルで計算する算出方法を、お客様ご自身で比較検討することは殆ど不可能なこと。坪単価に坪数を掛けて総額は出せても、その内訳までを抽出することが出来ないからです。お客様が受け取ったか聞いた坪単価にエアコンは入っていますか?入っていなければ家電やさんで購...続きを読む >

坪単価の金額をはっきりお伝えすることが難しい理由

見学会、相談会などでたまに質問されることが「フラグシップの家は坪いくらですか」の問い。それに対して「それはお客様のご予算で決まります」ということがひとつ。ただこれは僕たち側の回答であって、お客様が欲しい答えにはなっていません。たぶん。だから「50万~100万円くらいです」とお話させてもらっています。今度は「金額に相当な幅がありますね」となり、坪単価を算出している根拠をこれまでの事例とともにお伝えしてい...続きを読む >

縁ありと縁なしの2種類の畳を使い分ける

前回より引き続いて今回もたたみのこと。畳には縁※へりのあるものとないものがあります。縁があるのとないのでは加工方法が異なり一枚の単価も違っています。畳は4方の小口があって、縁ありは畳表を2ヵ所折り曲げて縫い付けてあり、後の2ヵ所は縁を当てて床と縫ってあります。縁なしは4ヵ所全てが折り曲げて縫ってあるため、加工技術が高く難しい畳です。また縁あり畳の一枚の寸法は幅90センチ以下、長さ180センチ以下で製作できて...続きを読む >