造作キッチンの抽斗は金物レール選びがポイント

システムキッチンでは当たり前に装備されている抽斗。その抽斗を造作キッチンであってもしっかりとつくることは可能です。フラグシップでは家具やさんではなく、大工、建具工で製作する造作キッチンはその殆どを現場でつくっています。造作キッチンでは収納扉を、抽斗か開き戸かはたまたオープンと3パターンが提案できます。金額では抽斗が金物レールと造作手間から高くなり順に低くなります。今回はお客様の要望で多い抽斗をどの...続きを読む >

造作家具であってもメーカー既製品のように収納内部などにコンセントは付けられます

ほとんどのスイッチコンセントは壁に付いていてハンドルの大きさはシングルプレートで70×120ミリ。ダブルだと120×120ミリのシングルの約2倍サイズです。これらは壁内に電線をまとめるボックスが隠ぺいされていて、表面はプレートのみが露出している具合です。その構造から造作家具などにボックスを隠ぺいすることはほぼ出来ません。そこで使用するのは隠ぺいボックスが不要な家具用のスイッチコンセントです。ホテルのデスクカウン...続きを読む >

ガス衣類乾燥機の乾太くんを造作家具にビルトインで納める

ジメジメする梅雨時期に大活躍するガス衣類乾燥機。新築や大改修リフォームであれば本体寸法の大きなガス衣類乾燥機を造作家具にビルトインで納めることが可能です。使い勝手を考えると洗濯機と並びで設置する乾燥機。洗濯機と幅奥行ともほぼ同じの寸法は縦並びであれば上の空間を無駄なく使用できます。都合よくないのは庫内奥が届きにくいこと。そして奥にあるフィルターが遠くメンテはつらい。身長が高く踏み台を使用すればOKも...続きを読む >

病院用流しをつかった造作洗面台の設計

ぽかぽか陽気に気持ちは穏やかになる反面飛び交う花粉に目がしぱしぱする。家に帰って洗面台へ直行して手洗いにうがいは花粉症対策の基本。洗面台は100%造作でつくっています。廊下やホールの動線上に洗面台を設計することが多く、既製品では叶えられない台の長さや収納を自由にデザインできることがメリット。フラグシップの造作洗面台で特徴あるのは、理科室や病院等のバックヤードで主に使用されているシンク、TOTO病院用流し...続きを読む >

造作キッチンは値段が高いからシステムキッチンにすれば金額は下げられる

僕たちがつくる造作家具の中でもキッチンは、洗面台や本棚と比較して金額は高くなります。それはとても明確で家具の寸法が大きいことと、ステンレスカウンターやコンロ、食器洗い乾燥機などの設備品が多いことが挙げられます。その値段が高いと想像される造作キッチンを、パナソニックやTOTOといったメーカーもの既製品に変更すれば「安くなる」と情報を知って、工事費を下げたいから既製品に変更したい要望は偶にあります。僕が金...続きを読む >

造作キッチンの木のカウンターには撥水塗装をして使い勝手を良くする

造作キッチンや食器棚のカウンターを木で仕上げる場合に悩むのは水染み問題。シンクでの洗い物の水しぶき。冷えたコップに付いた水滴の輪染み。置いたボウルに水が付いていたなど。キッチンで水のことを気に出すとキリがない。木の※集成材含めて、カウンターにしたなら素材感は損ねたくない。質感、手触りとナチュラルな状態は維持しておきたい。尚且つ水染みを防ぐ撥水効果を求めたい。それらの要求を叶える木の素材感をそのまま...続きを読む >