外構アプローチ土間をコンクリート洗い出しにしてみよう

外構でのコンクリートは車を停めておく場所に打設する車庫土間が多く、その他にエコキュートの置き台、アプローチ、はたまた家の周囲が全部コンクリートなど仕上がった後はほぼノーメンテで選択しやすい。コンクリートは無機質で良い意味でシンプルな反面、素材の良さや風合いと五感を刺激することがあまりない味気無さもあります。しかしコンクリートは砂利、砂、水、セメント、混和材で構成されたシンプルな材料。このシンプルさ...続きを読む >

せっかく家を建てたなら木を一本植えましょう

家を新築・リフォームするときに関心を寄せておきたいのは外構です。建物に予算を割くあまり外構や車庫に回す費用が取れないと聞きます。僕は逆の考えで一本でも木を植えることと、車庫に庭道具などが仕舞える物入はまず予算に入れておきます。例えば外構造園工事で50万円。車庫物入200万円と想定してそれを踏まえて住宅の設計内容を決定して行きます。内装や設備に床面積を先に設計積算してから、残りを外構車庫物入に当てるほど...続きを読む >

アプローチの印象を格上げするコンクリート洗い出し仕上げ

道路から玄関までのアプローチを整える外構。人の歩行が基本で歩きやすいことと、少しデザインされていると「あぁいいなあ」とゲストが感じてくれるともっと良い。仕上げ方に「コンクリート洗い出し」があります。名前の通りコンクリートを水で洗い流して仕上げるものになります。コンクリートはセメント、砂利、水、混和剤から作られています。一般的な土間コンクリート仕上げはコテで綺麗に均して仕上げるのに対して、洗い出しは...続きを読む >

雑草を抑えるグランドカバーがひとつの除草対策

庭で手がかかるのは雑草の処理。雑草の種類によっては手で抜けないスギナ。それ以外でも手作業は腰に負担がありとなかなか難しいところ。それを嫌って全面コンクリートや砂利で覆う庭は自然と縁を切る行為だからやめたい。除草剤や刈払い機で除草する方法から替えて、植物を繁殖させて雑草を抑えるグランドカバーもひとつの除草対策です。グランドカバーで代表的なのが芝生。綺麗に整えられた芝生に寝転んで、キャッチボールにバト...続きを読む >

どうしてフラグシップは木を植える外構をしているのか

春の訪れを待って今年の冬にお引渡しをした砺波/平和町の家にようやく緑が入りました。いつもお願いをしている庭師さんに今回も工事をしてもらいます。樹種は限定して高木には落葉樹イロハモミジ、サルスベリ、ヒメシャラを選択しています。オーナーと建物外観の雰囲気を考慮して初めてドラセナを植栽してみました。ドラセナはツンツンした葉が若々しく活気のある木。なかなか良さそうです。やはりアプローチ、庭に木があると佇ま...続きを読む >

小さな庭に新緑が広がって来ています

昨年引き渡した砺波杉木の家には小さな庭があります。自分たちで行き届いた管理ができるちょうど良い大きさの土地。オーナーが選ばれた土地は家と物入付き車庫に小さな庭と、必要なだけ過不足なくちょうどいい大きさで選びました。ちょうどいい庭には一冬を超して最初の春とこれから夏を迎えようとしている木々。葉っぱが付き始めたタイミングで様子を見てくることに。庭にスナゴケをびっしりと貼り、雑草除けを兼ねた庭はオーナー...続きを読む >