手すりをつけた玄関でホスピタリティを整える

階段に手すりがあると安心して昇り降りできるのと同じで、玄関に手が添えられる手すりがあると座って若しくは立ちながら履物を変えられる安心感があります。手すりは年齢に関係なくあれば家族にもゲストを室内へ招くにもホスピタリティが高い装置です。ただし難しいのが手すりの高さ。高さは床から何センチと大体使いやすい寸法が決まっています。子ども、お年寄りと身長に合わせたベストな高さを設定したい。横に付ける手すりの場...続きを読む >

実際のサンプルを見ながら外観のイメージをまとめてみる

外装に内装と仕上げ材や配色は、工事のタイミングよりかなり先の段階でお客様と打合せをしながら決めて進めています。ご契約後はじめの打合せでは、外壁や屋根、サッシと外観に見えてくる部分の仕様と色を見てもらっています。仕様は例えば外壁。板張りにする。ガルバリウム鋼板にするなどがあります。ただこれについては契約前の詳細見積もりで金額提示してほぼ確定しておきます。なのでこの段階では仕様より色を決める打合せがメ...続きを読む >

施主支給品にはお受けできるモノとお受けできないモノがそれぞれあります

施主支給品とは、お客様が準備された材料や商品を新築、リフォーム工事で使うことを言います。例えば「思い入れのあるペンダントライトを持っていて、どこかの照明器具として使用したい」「旅先で購入したタイルをアクセントとしてデザインしたい」「エアコンを購入したばかりで新居で再使用したい」などが挙げられます。思い入れや、旅行で仕入れたモノはそれに至るストーリーがありとても素敵。新たな住まいでそのコトやモノが引...続きを読む >

エアコン工事まで含めて設計施工をする理由

新規でエアコンを取り付ける場合、お客様が家電量販店に注文して引渡し後に取付けするか、建築工事に入れた設計施工を工務店・ハウスメーカーに依頼する2パターンに大体分かれます。恐らく多いのは引渡し後に家電量販店にて取り付けてもらうことです。入居日が概ね決まった段階で冷蔵庫や洗濯機などと合わせてエアコンを新規購入して引っ越しと同時くらいに取り付けます。フラグシップでは8割がたのお客様は建築工事に入れます。...続きを読む >

ワークスペースのタイプをいくつかご紹介

コロナ関連は完全に第3波が来ている報道で、施策の見直しや年の瀬が目前の11月下旬と慌ただしくラスト1ヶ月を迎えようとしています。インフルエンザシーズンを控えてコロナ感染症対策とリモートワークにシフトする働き方がまた戻ってくるような雰囲気。家で仕事を行うスタイルはダイニングテーブルにノートPCを広げるだけでは済まない方は恐らく多く、在宅仕事を行うにはある程度の限度はあります。それでもリモートが今後もっ...続きを読む >

エアコンの機種選択と設置方法など含めてご提案しています

「室外機の作動音が外壁を伝わり、音以上に振動が室内へ伝い気持ちが落ちつかない」この症状を解決する方法があるかと相談を受けました。エアコン設置済みだった中古住宅を購入され、機器の年代が2017年と新しくそのまま利用しています。エアコンの部屋は2階にあり、室外機は外壁を挟み室内の真裏に設置してある状態でした。ルームエアコン自体まったく問題なく冷暖房が効く。室外機の部品外れ等は見受けられないし外傷もなし。異...続きを読む >