窓上にある霧除けは小雨であれば効果絶大

この天気予報を見つつ台風被害が少ないことを祈るばかりです。梅雨時期が極端に短く逆に台風の季節が長くなるのかが心配。2020年の九州豪雨に昨年の土砂崩れと大雨による被害があちこちで起こっていて、台風接近には十分備えておきたい。このごろ夏空から一転した曇天と梅雨っぽい空。たまに降る雨に効果を発揮するのは「霧除け」これは窓上に取り付く小さな庇のことを差します。霧除けは名前そのもので小さくしとしと降る雨程度を...続きを読む >

神保電器Jワイドスリムスクエアのスイッチコンセントプレートがいい

配線器具はお客様に選択してもらうことはなく、設計者として提案できるおススメの器具を使っています。これまではスイッチコンセントなどの配線器具を、パナソニックのコスモシリーズワイド21スクエアを使っていました。プレートの角がスクエアでデザインが良いこと。一般流通として幅広く使用されていて安価なこと。ワイドなスイッチは肘でも押せて操作性が多様なこと。薦められる理由を総合してパナソニックを採用しています。し...続きを読む >

スイッチコンセントの数と位置を決めるときに考えたいことは3つあります

電気配線の打合せはスイッチにコンセントなど、数と位置をどこにどのように取り付けるかを決める内容を話しています。今の暮らしで困っているスイッチコンセントを次こそ解決したい!お客様は多く、悩み、考えぬいて決めていきます。僕たちが考えるスイッチコンセントの設計は1,位置は集合させる2,見返しの壁などに付ける3,念のため余計に付けない、と大きく分けて3項目を重点に設計してお客様へ提案しています。1位置は集合さ...続きを読む >

シンクの下側はオープンにして物を置かない設計にする理由

シンクは流しの水槽のことを指していてキッチン、洗面、手洗いがあります。蛇口を開けて湯水を流せばシンクから排水トラップを介して下水に流れます。その排水トラップはねじ込みで締め付けてあるものの止水はゴムパッキン。ゴムパッキンは劣化するもので永遠に止水はしてくれません。また排水トラップは現場で設備工が固定します。ちょっとした締めの緩みやズレが基本はあってならないことでもやはり人がする行為に完全はなく、た...続きを読む >

巾木はなぜ必要で不要なのか

「巾木の有無、そこに気がつきましたか」たまにお客様から巾木のことに話題があがることがあります。フラグシップの設計でお客様に「巾木をつけますか?付けませんか」と相談することはありません。家づくりにおいて膨大にある決め事の中で、巾木はお客様の暮らしや好み以上に施工面と経年した際に都合がわるくならないよう判断している部分になります。設計者、建築士として何が必要で不要かを任せて貰い判断しているひとつに巾木...続きを読む >

やりたい要望は結果ではなく理由や想いを語って欲しい

設計を始める前段階。プランニングがまとまりつつある段階と設計を進めると様々な要望をお客様から伺います。想いを汲みとりながら僕たちの設計フィルターを通して、提案したい最適な一案を提示します。「扉は取り付けられますか」「棚板を増やすことはできますか」「天井仕上げを板張りにできますか」「ユニットバスのメーカーを変えられますか」「桜を植えることはできますか」例えばこれらのように具体的な要望を受けます。要望...続きを読む >