家の広さを決めるのは坪数だけではありません

家の坪数は、自分たちにとってどれくらいが適当な大きさなのか。家を建てよう。中古を買ってリフォームをしよう。そうしたときに、一体どれくらいの坪数が合っているかを決めるのはとても難しい。しかし誰しもが自分の経験値からのサイズ感は体に刷り込まれていて、何かしら「これくらい」という漠然としたものはあります。その漠然とした感覚は様々ですが、完成見学会へ出向き、友人宅へ遊びに行くなどサイズ感を具体的に確認する...続きを読む >

杉のトレイをタイルでかざるワークショップをやります

現場から出た端材を使ったワークショップを8/9にフラグシップDIYスタジオで行います。春からスタートしていたワークショップもしばらく休みをもらい、久しぶりの開催になります。トレイの材料は元々巾木だった端材を厚み調整してフレームにしています。フレームを薄ベニヤに接着して、4周留め加工をしたデザインにしました。タイルはモザイクタイルとボーダータイルを使います。これもこれまでのお客様の家で使ったタイルの残り...続きを読む >

軒下をつくると物が片付き住みやすい家になります

このところ雨が降る日が多くて蒸し暑い。梅雨ならではの天候続きでパッと晴れる日がいつかいつかととても待ち遠しいです。家には軒や庇があり、雨をしのぐための装置として広く知られています。梅雨のある日本や雪が降る地域なら必ず欲しい軒と庇。特に軒下は雨が当たらず使い方が様々で、とても有効な場所になります。有効な場所として例えれば、薪ストーブがある家なら一週間分の薪をストックしておく場所になります。薪棚を設置...続きを読む >

バードコールを作って野鳥を呼んでみよう

先日伺った先でバードコールの部品販売をされていて、いくつかご厚意で金具を頂いてきました。構造はとても簡単で真ちゅうの打ち込み回転ピンを木部へ差したとてもシンプルなもの。木に差した金属をくりくり回すと、木と金属が擦れ合うことによって「ぴぃぴぃ」と鳥が鳴いたような音が出るのが特徴です。音が鳴ると癒されます。回転ピンは部品として準備してあり、差し込む木はどんな木でも良い。木の種類によって音が異なるようで...続きを読む >