大工工事完了後は床下に潜って掃除と点検を同時に行う

4月から取り掛かり始めた大工工事がようやく終わり、仕上げ工程へと移る富山市/石金の家は新築と同様に基礎断熱工法としました。基礎断熱は床下が断熱されていて外気に触れず気密化された空間です。気密が取れていると空気、風の移動はなく密閉された状態になり一定温度が保たれるのが特徴。密閉な状態であるが故に、基礎コンクリートから出る水蒸気が床下に充満しカビや結露へ繋がる場合があります。床下を閉じた状態から早い段...続きを読む >

富山市/石金の家仕上げ工事が着々と進めています

富山市/石金の家リフォーム工事は内部大工工事がそろそろ終わりそう。仕上げ工事の職人が徐々に日替わりで現場へ来てくれています。まずはタイル。タイルを貼るところはキッチンと洗面台、手洗器の3カ所。カウンターと壁立上りにモザイクタイルとボーダータイルの2種類を使用します。タイルの色、柄はお客様と打合せをして決めたものを貼ります。カウンターにタイルを貼る場合は殆どが造作となります。大工さんが木や集成材で組ん...続きを読む >

造作家具のいいところは素材が揃えられること

富山市/石金の家は大工工事が終盤に差し掛かってきています。これからは造作家具の製作がメインで細かな仕事が完了まで続いていきます。石金の家にある造作家具はシンクとコンロカウンターがわかれているⅡ型キッチン。キッチンつづきのデスクカウンター。床面から天井までの下足入れ。トイレにある手洗器。洗面収納と洗面化粧台。そしてウォークインクローゼットになります。どの造作家具もそれぞれこだわりがあり今回はキッチン...続きを読む >

床面積に含まれないが家を広く使えるようになる軒下のすすめ

富山市/石金の家は外回りの工事が終わり仮設足場を解体しました。ようやく家の全貌が見えて当初通りのイメージになっているかを細かくチェックしてきました。チェックするところは配色、樋の落とす位置。窓のバランスに外壁仕上げの切り替え位置。これから行う外構を頭に描きつつ、家の周りを何度も何度も回って改良したいことを見つける作業をして来ています。リフォーム前の家は敷地目いっぱい建つ建物で、敷地内をぐるっと歩い...続きを読む >

夏の暑い日差しを遮る低い軒は設計時点で考えています

酷暑の毎日が体力を消耗する日々はまだ暫く続きそう。みなさまどうぞご自愛ください。そして東京オリンピック・パラリンピックがいよいよ開催されます。テレビでずっと観戦とはいかないものの祭典の雰囲気は味わいたいものです。富山市/石金の家では外壁下地から外壁工事へと工程が進んでいます。リフォーム以前は居室だった部分を解体して、減築することで生まれた軒のあるテラスがこの家の特徴。その軒は工事終盤に設置するウッ...続きを読む >

工事中に現場を確認してもらいながら打合せをする

着々と進行中の富山市/石金の家は外壁下地から板張り、ガルバリウム鋼板Kスパン張りの準備と取りかかっています。雨が一週間降り続いた先週からようやく晴れ間がのぞく天気は暑いながらも雨よりはいいでしょう。工事進捗がある程度進み、床下地ができて難なく歩行できればお客様と現場打合せをしています。床ができると窓、天井と高さの感覚がある程度掴めて、これまで図面の確認だけだった高さを現地で実感することが可能になり...続きを読む >