富山市/石金の家に半年点検でお伺いして来ました

昨年末にお引渡しをした富山市石金の家へ、半年点検のため久しぶりにお伺いして来ました。ちょうど暑くなったタイミングで冷房運転の具合いを中心に、現在の住み方をお聞きするなどして近況を見てきました。リノベ前は草木が生い茂り隣家ギリギリの建物と家の周囲を歩いて廻れない状況は、風通しはなくジメジメした土地がとても住みにくい状態でした。そのためシロアリ被害に遭っていた家を、性能と機能を劇的に変えたリノベであっ...続きを読む >

「富山市/石金の家」いよいよお引き渡しとなります

2階室内工事はほぼDIYとして未完成ではあるものの、昨日お引き渡しと住設等取説を現地にて行ってきました。途中コロナ感染症対策として移動制限がある中でお客様との契約、打合せをオンラインで実施。木材不足の影響から木材費追加と本当にたくさんのことが押し寄せた石金の家。昨年夏より設計をはじめた頃が今は懐かしい。引渡し当日は時より青空のある快晴のもと穏やかな一日で、吹雪に始まった解体工事とは対照的なところが竣工...続きを読む >

「富山市/石金の家」完成見学会が無事に終了しました

先週12/4,5に開催した富山市/石金の家」完成見学会が終了いたしました。開催を快諾して頂いたオーナーにはとても感謝です。そしてあいにくの雨となった週末、ご予約のお客様全てとお会いできたことが何より良かったです。今回はリノベーション完成見学会でした。リノベーションと言ってもスケルトンまで解体し構造から手を加えて完成した石金の家は、新築同様の仕様に仕上げと新築検討のお客様へ向けても参考になった見学会とな...続きを読む >

大工工事完了後は床下に潜って掃除と点検を同時に行う

4月から取り掛かり始めた大工工事がようやく終わり、仕上げ工程へと移る富山市/石金の家は新築と同様に基礎断熱工法としました。基礎断熱は床下が断熱されていて外気に触れず気密化された空間です。気密が取れていると空気、風の移動はなく密閉された状態になり一定温度が保たれるのが特徴。密閉な状態であるが故に、基礎コンクリートから出る水蒸気が床下に充満しカビや結露へ繋がる場合があります。床下を閉じた状態から早い段...続きを読む >

富山市/石金の家仕上げ工事が着々と進めています

富山市/石金の家リフォーム工事は内部大工工事がそろそろ終わりそう。仕上げ工事の職人が徐々に日替わりで現場へ来てくれています。まずはタイル。タイルを貼るところはキッチンと洗面台、手洗器の3カ所。カウンターと壁立上りにモザイクタイルとボーダータイルの2種類を使用します。タイルの色、柄はお客様と打合せをして決めたものを貼ります。カウンターにタイルを貼る場合は殆どが造作となります。大工さんが木や集成材で組ん...続きを読む >

造作家具のいいところは素材が揃えられること

富山市/石金の家は大工工事が終盤に差し掛かってきています。これからは造作家具の製作がメインで細かな仕事が完了まで続いていきます。石金の家にある造作家具はシンクとコンロカウンターがわかれているⅡ型キッチン。キッチンつづきのデスクカウンター。床面から天井までの下足入れ。トイレにある手洗器。洗面収納と洗面化粧台。そしてウォークインクローゼットになります。どの造作家具もそれぞれこだわりがあり今回はキッチン...続きを読む >