減築リノベーションをする意味は暮らしやすさを実現したい結果のかたち

高岡市/醍醐の家は引き続き解体工事が進んでいます。これまでは手によって解体を進めてきましたが、減築する建屋は重機を使った作業になるため、機械が現地に搬入されました。減築する建屋は増築された経緯のある部分になり、元をたどれば建てられた当初の住まいへと戻るかたちになります。現地を初めて拝見したときは「ここのお部屋があることでちょっと窮屈な暮らしになりそう」とイメージをしていました。増築された建屋は接す...続きを読む >

リノベーション現場見学会で特に見て頂いたところ

婦中町/発酵カフェループにて工事中の現場を見学して頂ける現場見学会を先日開催し、ご予約を頂いた方々にはこれからの家づくりの参考になったのではないでしょうか。昭和31年築の建物は現在の家づくりと大きく異なることばかりです。耐震と断熱の性能に期待できないことと、細かく建具で仕切られた壁のない間仕切りは収納不足、動線の支障と快適に心安らぐ住まいへするためにリノベーションは必須なことです。ただ元あった古家の...続きを読む >