造作キッチンの抽斗は金物レール選びがポイント

システムキッチンでは当たり前に装備されている抽斗。その抽斗を造作キッチンであってもしっかりとつくることは可能です。フラグシップでは家具やさんではなく、大工、建具工で製作する造作キッチンはその殆どを現場でつくっています。造作キッチンでは収納扉を、抽斗か開き戸かはたまたオープンと3パターンが提案できます。金額では抽斗が金物レールと造作手間から高くなり順に低くなります。今回はお客様の要望で多い抽斗をどの...続きを読む >

砺波/青島の家が無事に上棟しました

北陸地方の梅雨入りと同日になった砺波市庄川町/青島の家建て方。一日目はなんとか天気が持ちこたえるラッキーな日に無事上棟を迎えることができました。青島の家は間仕切りをできるだけつくらずにワンルームのように使えるプランが特徴的です。改めて扉を数えると玄関ホール、トイレ、寝室3カ所のみは過去最少かもしれません。少ない扉と間仕切り壁も雁行している雑壁に構造壁と、見えにくくしてある区切られたスペースはワンル...続きを読む >

問い合わせ、質問する側として何を望んでいるかがわかるようにお願いします

「出来るだけ工事費を安くしたくDIYはできますか」「リフォームするといくらでできますか」最近立て続けに質問なのか問い合わせなのか、一文で理解が難しい応えを返さなくてはならないことに迫られています。連絡をくれる相手の素性が見えないことはことさら返信を難しくしていてなかなか困ったものです。「出来るだけ工事費を安くしたくDIYはできますか」については、自宅なのかお店なのか小屋なのか持ち家なのか貸家なのか。安く...続きを読む >

北日本新聞朝刊に移住者テーマで掲載されました

北日本新聞朝刊の地域ニュース欄に「住んでミタ移住者の富山ライフ」記事が毎週火曜日に掲載されています。18日火曜日朝刊にはなんと妻あゆみの記事が掲載されました。新聞社よりオファーがあり「私で良いのか?」と気が引ける反面、伝えられることがあればと取材を受けていました。取材担当者はフラグシップのホームページを事前に読み込んで来られ、オープンにしていることはほぼ理解した上での取材進行はさすがで楽しい時間でし...続きを読む >

基礎を水洗いして建て方とこれからの梅雨に備える

基礎コンクリートは屋外か室内かは工法によってどちらかでフラグシップでは室内の設計になります。これは床下エアコンを採用している家だけなく、全棟同じで基礎断熱として室内扱いになっています。コンクリート表面はザラザラしている細かい凸凹のある仕上げ。打設後に浮かんだセメントや風で飛んでくる砂埃と、凸凹した表面には薄らと塵が溜まっています。その塵は掃き掃除と掃除機だけでは取り切れないため、基礎工事の段階で水...続きを読む >

砺波/青島の家が春より工事着工となります

春らんまんであちこちの桜が満開に咲いていて、今週末あたり絶好の花見になりそうです。リノベーションモデル頼成にあるソメイヨシノもほぼ満開で今年は見事に咲いてくれています。春を待ったかのタイミングで砺波/青島の家新築工事が着工へ向けて準備に入りました。天気が良い中地鎮祭に先立ち、建物の輪郭を示す地縄張りを現場で行います。図面上で設計した家を実際に建てる土地に描くのが地縄です。隣地、道路境界からの離れ距...続きを読む >