リノベーション現場見学会で特に見て頂いたところ

婦中町/発酵カフェループにて工事中の現場を見学して頂ける現場見学会を先日開催し、ご予約を頂いた方々にはこれからの家づくりの参考になったのではないでしょうか。昭和31年築の建物は現在の家づくりと大きく異なることばかりです。耐震と断熱の性能に期待できないことと、細かく建具で仕切られた壁のない間仕切りは収納不足、動線の支障と快適に心安らぐ住まいへするためにリノベーションは必須なことです。ただ元あった古家の...続きを読む >

ゆとりのある屋外空間がたくさん取れると心の余裕が持てる

婦中町/発酵カフェループには元々部屋で使われていた場所から、屋根がついている屋外場所としてリノベーションするところがいくつもあります。外壁下地が少しずつ進んできましたから空間が徐々に掴めるようになりました。元々広くたくさんあった坪数の必要性を見直すことはとても大切で、もし大きすぎることが将来の負担になる不安があれば、別の使い道が発見できるとこれからの暮らし方に合っているかもしれません。広さを見直す...続きを読む >

リノベーションの基礎工事が完了しました

婦中町/発酵カフェループで進めていた基礎工事がひと段落となりました。既存の柱や土台があるリノベならでは、重機での作業がままならないなか基礎やさんの頑張りの甲斐あって難しい仕事をやり遂げて頂きました。ここまで仕上がると設計、工事とも元の状態を知らない方からすれば苦労が分かり難いものになります。ですのでブログを通じて僕たち職人さんたちの仕事を良くも悪くも正直にお伝えしたく工事進捗を兼ねた報告とご紹介を...続きを読む >

五年目の定期点検にお伺いをしてきました

先日リフォームをしてから5年が経過した太郎丸の家に定期点検でお伺いしてきました。太郎丸の家は砺波地域に多く建っている農家住宅。リノベ前は寒さ暑さと結露に悩み、大きな家故の暗さや複雑な動線や不足していた収納問題を、大々的に改修して解決することがリノベーションの目的でした。断熱改修をしっかりとさせて頂いたことで、冷房の効き冬の暖かさは暮らしを豊かに穏やかにしてくれていること。薪ストーブを導入しご家族全...続きを読む >

古家リノベーションで基礎を補強して耐震の安定を設計する

婦中町/発酵カフェループでは基礎工事に取り掛かっています。昭和35年当時の基礎を現代の基準に則った設計で全面補強をしていきます。工法に採用しているのは布基礎になります。構造設計をした上で必要になる位置に鉄筋コンクリート基礎をつくり屋根、筋交い、土台から基礎へと力がしっかりと地盤へ伝わるようにしています。元々は玉石に載った土台と柱が緊結されていなく、地震などで建物が揺れた際は玉石から滑り、ズレてしまう...続きを読む >

リノベーションは設計がとても重要な役割を担っていると考えています

リノベーションのご相談を頂くことが増えてきました。弊社モデルハウスをリノベーションモデルとして皆さんへお見せしていることが、少しずつ知れ渡ってきているのかなと改めて実感しています。とてもありがたいことです。リノベーションは現在お住いの家、これから中古住宅を購入する家と、大きく二パターンに分けられるリノベーションになります。現在お住いの家をリノベーションされる場合は、普段の暮らしをより快適に且つ気持...続きを読む >