窓の断熱性能を示す「窓ラベル」には意味があります

窓の断熱性能表示を示す「窓ラベル」がガラス右下に貼付してあることご存知ですか。過去に複数あった窓ラベルは平成23年4月より現在の表示へ一本化されました。この表示は窓性能(熱貫流率)によって区分されていて、★の数4つが一番高い断熱性能のある窓としてガラスに貼付されています。平成23年から13年経過した現在の住宅に使用されている窓のほとんどが★4です。省エネ住宅へシフトしている、また今ではスタンダードとなった現...続きを読む >

大開口ガラスが外とゆるやかに繋がるようになる樹脂窓

婦中町/発酵カフェループが徐々に家としての雰囲気が出てきました。壁の位置がわかる間仕切りと壁下地がつくられてきたこと、一番は窓が入ったことで人の顔のように建物に表情が見えてきたことが雰囲気を出してくれています。窓はいつもお客様にご提案させていただいているYKKapの樹脂窓APW330をループでも採用しています。現在の家づくりは窓の高性能化が新築でもリフォームでも推進されているため近頃は使われている家を良く見...続きを読む >

加湿をたくさんして湿度を保ち暖かくすると快適

地元の山が薄らと冠雪するほど急に寒くなってしまいました。最近までの夏日から一転した気温差には堪えますね。フラグシップは本日から薪ストーブを焚きはじめましたが、みなさま体調を崩されないよう温かくして過ごしましょう。これからはどんどん冷えて晴れの少ない富山は暖房が欠かせなくなって来ますね。家の断熱気密がしっかりされていれば暖房で温めた空気は温めるほど乾燥した空気が広がって行きます。温かい空気は軽いため...続きを読む >

高岡市/柴野内島の家は仕上げ及び造作工事を行っています

高岡市/柴野内島の家は仕上げ及び造作工事を行っています。仕上げ工程が進むにつれこれまで描いてきた詳細図が形になる瞬間。上手く納まるところにもう一息なところと、日々変化する現場は楽しいものです。床張りを終えたあとは天井板張りが始まっています。板を張るのはリビングダイニングの天井。化粧として現しになる構造梁の間に杉板を張って行きます。板は同じ幅のようでコンマ何ミリの違いや、板同士を嵌めこむ加減に強い弱...続きを読む >

暗いところがあって明るいところが活きてくる

「明るい家にしたい」ちょくちょく要望としてお聞きするフレーズです。明るいは外観もそう。内装、インテリアもそうで大体は「室内の印象を明るくしたい」が大半。今抱えている問題を解決するために行う新築やリフォーム。明るくしたいは現在の住まいや子どもの頃にあった記憶の「暗い」から連想さることが殆どで、新居はその暗さを解決したパっと明るくした空間に仕上げたい。その気持ちはとてもよくわかります。暗いと寒々しいし...続きを読む >

テラス窓の外側には屋根をかけて雨や雪をガラスに当てない設計にする

テラス窓は床面とフラットに接していて庭やデッキ、テラスへの出入りが自由にできる窓。※たまに跨ぎはある。また箒で外側に塵を掃き出せる本来の目的から掃き出し窓とも言われています。人の出入りを可能にするため窓ガラス高さは1.8メートル以上からをテラス窓としています。1.8メートル以下は潜っての出入りとなるので腰窓と区別されています。窓高さが1.8メートル以上あると空から斜めに降る雨や雪、日差しは窓ガラスに直接当た...続きを読む >