高岡市/柴野内島の家は仕上げ及び造作工事を行っています

高岡市/柴野内島の家は仕上げ及び造作工事を行っています。仕上げ工程が進むにつれこれまで描いてきた詳細図が形になる瞬間。上手く納まるところにもう一息なところと、日々変化する現場は楽しいものです。床張りを終えたあとは天井板張りが始まっています。板を張るのはリビングダイニングの天井。化粧として現しになる構造梁の間に杉板を張って行きます。板は同じ幅のようでコンマ何ミリの違いや、板同士を嵌めこむ加減に強い弱...続きを読む >

地元にある地材というキーワードでお客様へ提案している杉の床材

高岡市/柴野内島の家では内部造作工事を進めています。まずはじめの仕上げ工程は床張りになります。フラグシップの床材は杉と、ほぼ定番で使う材料です。もちろんその他無垢材はリクエストあれば使用OKのスタンス。床材は地元木材業者が加工する県産杉の節有り。抜けた節は除き埋木を施し厚みは15ミリに幅180ミリの無塗装品です。基本在庫は無く早めに発注し数量を明確にしておきます。発注後乾燥機に加工前の板材を入れて乾燥さ...続きを読む >

テラス窓の外側には屋根をかけて雨や雪をガラスに当てない設計にする

テラス窓は床面とフラットに接していて庭やデッキ、テラスへの出入りが自由にできる窓。※たまに跨ぎはある。また箒で外側に塵を掃き出せる本来の目的から掃き出し窓とも言われています。人の出入りを可能にするため窓ガラス高さは1.8メートル以上からをテラス窓としています。1.8メートル以下は潜っての出入りとなるので腰窓と区別されています。窓高さが1.8メートル以上あると空から斜めに降る雨や雪、日差しは窓ガラスに直接当た...続きを読む >

耐久性があって経済的、SDGsの観点でも地元材料の杉を使った家づくり

高岡市/柴野内島の家では外壁板張りの工程へと進んでいます。使用する板は県産杉の節有。仕上げは無塗装打ちっぱなしで経年変化が楽しみなデザイン。全体を板張りとしてポーチに白漆喰を部分で組み合わせる外観は素朴で、終盤に植える緑が活きる外装になります。材料は屋外で自然乾燥させた杉板。含水率は20%前後で抜け節死に節を省いたもの。表面仕上げは帯鋸で挽いた荒木の状態で張っています。以前のプレーナー仕上げから数年...続きを読む >

どんな家が建てられるかを即日で設計する道場 福岡博多編

師範秋山東一氏が提唱する設計手法「パタンメゾット」を鍛錬する秋山設計道場の11月は、福岡県博多市で活躍しているでんホームさんで開催されました。今回の博多で2021年最後の道場。懇親会はどことなく忘年会気分でした。博多は思いのほか行きやすいエリアで、小松空港から行は2時間弱と戻りは1時間ちょいフライト。空港から博多へは地下鉄で2駅とこんなに近いものかと発見です。行程はでんホーム設計施工2年目オーナー宅見学から...続きを読む >

造作は家具だけじゃない階段も造作できる工務店

階段材料にはシート貼り建材と集成材以外に無垢の木を使って造作する工法があります。無垢の場合は現場で大工さんが加工と組み立てをする、造作で階段をつくることになります。シート貼りと集成材の場合は工場で加工するプレカットになり、現場では組み立てのみが大工さんの仕事になります。無垢は木の反り、伸縮と木が動く特性からプレカット加工で精度が出せない。精度が出せない商品は均一な品質を売りとするメーカーからは販売...続きを読む >