建物(住み方)点検を定期的に行う理由

このところ定期点検が続いていてオーナー宅へ訪問する機会が増えています。点検では一体なにをチェックしているのか。またどういったことが想定されるため点検をしているのかをご紹介。フラグシップの定期点検日程は竣工後、①半年②1年③2年④5年⑤10年の計6回行っています。もちろん無償点検になります。半年ではオーナーの住み方、使い方を聞くことがメインで、1と2年は設備機器の動作確認や損傷を見ます。そして5と10年は床...続きを読む >

トイレの脱臭フィルターを月一で掃除しよう

トイレ本体についている脱臭フィルターは手入れを見逃しそうな装置。お引渡し直前に行っている設備機器の取説で触れてはいるものの、説明項目の多さで記憶から飛んでしまうことがどうしてもあります。そこをカバーする意味を含めて1,2年点検は設備機器をチェックするとともに、脱臭フィルターのように定期的にメンテナンスが必要な箇所を合わせて見て廻っています。フィルターが目詰まりしていれば脱臭機能が損なわれる以上に臭気...続きを読む >

脚高洗濯機パンは洗濯機下側と排水トラップの清掃がやり易い

暮らし始めてから年一や人によって回数頻度の違う洗濯機廻りの清掃。特に厄介なのが洗濯機本体下側に入り込んだ繊維くずや埃を取り除くこと。できるなら見ていないことにしたいほど意外と汚れが溜まっている場所です。洗濯機はとても重たく且つ設置場所に余裕を取らないケースが多く、身体を入れて移動させる清掃は殆どやりません。というかできません。勿論本体を持ち上げることは土台無理。洗濯機下側を手前から覗き込み、掃除機...続きを読む >

枝の傷口や剪定の切口を保護するときに使いたいゆ合剤

1月の大雪から1ヶ月経ちだいぶん土が見えはじめてきました。それと同時に雪に埋まっていた庭木たちが姿を現してくれて、木の生命力に改めて感動してしまいます。現れたどの木たちも元気な状態ではなく、雪の重みに耐え切れなく折れてしまうものや幹から裂けているものがあり、なるべく早めの手当が必要になります。建物と合わせて樹々たちの様子を観察するようオーナーの家を順に巡回して来ています。全般的には常緑低木が雪の被害...続きを読む >

エアコン暖房に欠かせない高置き架台と防雪フード

北陸から新潟、秋田と日本海側は豪雪に見舞われた3連休でした。除雪作業に飽き飽きしてきた頃かまくら作って、屋根からソリして何らかの楽しみが無いと気持ちを持続できない雪でした。これだけ積もれば建物、庭木と損害、損傷が何かしらあるものです。水漏れ、漏電、雨漏りと急なもの以外は雪解けを待った春頃、一気に点検と修理をして整えて行きましょう。フラグシップのお客様の家はエアコン暖房がメイン。そのエアコン室外機に...続きを読む >